【ネタバレ有】インシテミル 7日間のデス・ゲーム のあらすじ【まとめ】

邦画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 時給112000円という大金につられて参加した10人の男女生死をかけて挑むサバイバルゲームを描いたものです
  • 公開日:
    • 2010年10月16日
  • 監督
    • 中田秀夫
  • 出演
    • 藤原竜也結城理久彦
    • 綾瀬はるか須和名祥子
    • 石原さとみ関水美夜
    • 阿部力大迫雄大
    • 平山あや橘若菜
    • 北大路欣也安東吉也
    • 片平なぎさ渕佐和子
    • 武田真治岩井荘助ほか

あらすじ

結城がコンビニで求人雑誌を見ていると須和名祥子という女性が携帯サイトの求人広告に時給112000円のバイトがのっていると教えてくれました

仕事は7日間の心理実験モニターでした怪しいと思いながらも祥子はすでに申し込んでいるということを聞きました

祥子のことが気になる結城も申し込みました集合場所には男女10人がいましたリムジン2台に分乗し山のほうへと車は向かいました

入り口で質問はしないこと荷物は全部ロッカーに入れること何が起こっても保証しないこと約束が伝えられました嫌な人は帰っていいと言われましたが大金欲しさに全員参加しました

地下へと進みと広い部屋が有り10体の人形が置かれていましたそれぞれ自己紹介をあいましたそれぞれ理由があって参加していました

そして食事済むと人形から声がしてルールの説明がありました

それは22時以降は部屋をでてはいけない事件が起きたら自分たちで犯人を投獄くしなさいゲームの終わりは7日間を迎えるか又は生存者が2名になったときというものでした

全員が黙り込みました部屋の中は監視カメラだらけで常に監視されています

個室も監視されていますカウントダウンしている時計が壁にあります

異様な雰囲気です

しかし初日は特に何もなく西野があちこちで他のメンバーの噂をするだけで終わりましたそして就寝時間を迎え個室へ入るように命じられました部屋の中にも監視カメラがあり大きな箱がありました

カードキーを通すと箱が空いて武器カードと武器が入っていました翌朝叫び声を聞き駆けつけると西野が撃たれて死んでいました

ゲームは始まったのです西野の部屋に行くと彼の武器は薬物でしたロボットが西野の死体を片付けるのをついていくと8つの棺桶がありました

そして事件を解決するよう指示が出ました自分たちで犯人を見つけろということでした大迫が岩井を犯人だと言い始めました

誰も信じれなくなっています投票の結果岩井は犯人と断定され投獄されましたそして今度は佐和子を美夜がネイルガンで撃って殺害しました

しかし皆は祥子を疑い始めました誰かが祥子をかばうとその人が疑われる状況になりました

そしてロボットの巡回が10分おきとわかったため交代で通路を見張ることにしました

しかし大迫が棺桶の部屋で死んでいました

犯人と疑われた真木を大迫の恋人若菜が斧で殺害し若菜も自殺しましたよる消灯時間後に通路に出た美佐がロボットに殺害されました

この時点で生き残りは結城と祥子と安東と投獄されている岩井の4人になりました脱獄した岩井を含め殺し合いが始まりました

岩井は安藤を殺害し結城に詰め寄りました祥子が銃を持って岩井を狙いますしかし岩井が銃を奪い撃つと銃は暴発し岩井は死にました

生き残ったのが結城と祥子の二人となりゲームが終了しました

扉が開き1億2902万4000円を受け取りました実は祥子は主催者側の人間で街でゲームに誘うメンバーを人選していたのですそしてこのゲームはネットでも中継されていました

さらに死んだと思われた安東は生きていて死んだふりをしていました

結城は大金の入ったケースを放り投げ安東とともに山道を去ってゆきました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク