【ネタバレ有】しゃぼん玉 のあらすじ【まとめ】

邦画「しゃぼん玉」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
  • 公開日:
    • 2017年3月4日
  • 監督:
    • 東伸児
  • 出演者:
    • 林遣都(翔人)
    • 市原悦子(スマ)
    • 綿引勝彦(しげ爺)
    • 藤井美菜(美知)
    • 相島一之(スマの息子) ほか

あらすじ

女性や老人ばかりをターゲットに強盗を繰り返し通り魔事件を起こして逃亡した翔人

彼がたどり着いた場所は宮崎県の中にある山間いの椎葉村だった目が覚めて山道を降りているところに倒れたバイクを発見する

盗んで乗っていこうと持ち上げたとき近くの草陰から老婆の声がする近寄ってみるとバイクで転倒して足にけがをしてしまった老婆が助けてと懇願してきた老婆を背負い家まで送り届ける翔人スマと呼ばれるその老婆に言われるままに居候の身になった

日が一日することがなくご飯を食べ庭で煙草を吸っていた翔人はスマを訪ねてきたしげ爺に会うしげ爺は翔人に半ば強引に明日から手伝いをさせてやるから迎えに来るまで待っておくように伝える

何もしない翔人を心配していたスマはしげ爺の提案に喜び翔人にすすめる次の日の早朝にしげ爺が迎えに来るとまだ翔人は寝たままでスマに起こされごはんとご飯を持たされ車に乗り込む

ついた先は急斜面の山中で慣れた足並みでどんどんのぼっていくしげ爺を見て悪態をつきながらもついていく翔人だった

翔人はしげ爺にお金を稼ぐ方法はないかを聞くと山で採れたものを祭りで売ればいいと助言されるしげ爺の手伝いにもなれ朝の早起きにも慣れたころ村のお祭りの準備を手伝うように言われ連れていかれる

しげ爺に言われついた先は祭りの時に飾る植木を作っているところだったそこにはある理由で村に帰ってきていた美知がいた

二人だけで作業する中で翔人はだんだん美知と仲良くなり美知も同年代の翔人に次第に心を開くようになったお祭りの前日設営の準備をしているときにある村の主婦から美知が村へ帰ってきた理由を教えてもらう

美知は通り魔事件に遭い仕事を辞めそのころ付き合っていた彼氏とも別れ傷心をいやすために村へ帰ってきていたのだった自分が犯した通り魔の被害者だったことを知った翔人は自分のした罪の重さを初めて思い知らされ絶望する

ある翔人が冷蔵庫をあさっているとお金が入った封筒を発見する封筒の中身を見ていた姿をスマに見つかり必死に言い訳をしていたところスマの息子が帰ってくる

息子はスマにお金をせがみそれを別室で聞いていた翔人は息子をつかみ殴りかかるが逆に首を絞められてしまうその時に自分のした通り魔事件の一部始終がフラッシュバックする息子が帰ったスマにお金を返し謝る翔人にスマは坊はいい子やけねえ優しく声をかける祭りの最終日の初めて翔人はスマに自分のしてきたことを打ち明ける

それでも優しくしてくれるスマに翔人はここに戻ってきてもいいかと尋ねスマは快諾するしげ爺に送ってもらい村のふもとの交番に出頭する翔人

2年後刑期を終え翔人は村に戻るのであった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク