【ネタバレ有】10クローバーフィールドレーン のあらすじ【まとめ】

邦画「10クローバーフィールドレーン」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 目が覚めた地下室でミシェルは世界が何者かに攻撃されて汚染されていると知る。シェルターで共同生活をしていたハワードとエメット。少しづつ狂気じみていくハワード。本当に世界はおかしくなったのか。選択が迫る。
  • 公開日:
    • 2016年6月17日
  • 監督:
    • ダン・トラクテンバーグ
  • 出演:
    • メアリー・エリザベス・ウィンステッド
    • ジョン・グッドマン
    • ジョン・ギャラガーJr.

あらすじ

彼氏と喧嘩をし家を飛び出したミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンスレッド)は運転中不注意から事故を起こしガードを乗り越えて転落してしまう。

目覚めたミシェルは大怪我をし動けない状態で地下室に繋がれていた。そこにハワード(ジョン・グッドマン)が現れる。彼が言うには外は何者かに攻撃され汚染されているという。

この日のためにシェルターを作り備えていたと言うハワードとミシェルの二日前に来たというエメット(ジョン・ギャラガーJr.)と共同生活を始める。

どうにか外に逃げ出したいミシェルは様々な手段を使いシェルターから脱出しようとするが、外にいる近所の女が目の前で死亡するのを見てようやく外の世界がおかしいということに気づく。

事の経緯をハワードから聞かされたミシェルはハワードと打ち解けて脱出することを諦めシェルターでの生活を楽しむようになっていく。つかの間の安息の後、シェルターの空調機が故障してしまう。

体の細いミシェルがダクトを通り抜け空調機を直すことになった。空調機を直したミシェルは空調室の小窓にHELPと血塗られた傷を発見する。そしてそこでイヤリングを発見。

その持ち主はハワードが教えてくれた人間のものではなく、数年前に行方不明になったエメットの友人のものだった。

少しづつハワードに対する不安感が大きくなり、薄々それを感じだしたハワードは元の粗暴な男になっていく。ミシェルはエメットと結束し脱出しようと計画をたてる。

シェルターを脱出するためにシェルター内の物品をつなぎ合わせて即席の防護服を隠れながら作り始める。

何かをしていると感づいたハワードは問い詰めたエメットを殺害、その場に置いていた過酸化塩素で遺体を溶かして証拠隠滅しようとしていた。困惑したミシェルだったが防護服を完成させるのだがハワードに見つかってしまう。

怒って我を忘れて襲いかかってくるハワードを躱しながらダクトを通りどうにかシェルターを脱出、防護服を着込み命からがら逃げ出したミシェルは車で脱出をしようとして防護服を傷つけてしまう。空を飛ぶ鳥たちを見て外が汚染されていないことに気づいたミシェルは防護服を脱ぐことにする。

夕刻の空を宇宙船のような物体を発見、その船からでてきた大きな化け物にミシェルに襲いかかってきた。何者かに攻撃されているというのは本当だったのだ。

ミシェルは化け物と戦い脅威から逃れた。車に乗ってその場を去り国道に出る。道ばたに倒れているポストのステッカーには10クローバーフィールドと記されていた。

ラジオで戦闘、医療経験者を求める放送を聞いたミシェルは迷った末人々を救う道を選択する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク