【ネタバレ有】チャーリーとチョコレート工場 のあらすじ【まとめ】

洋画「チャーリーとチョコレート工場」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 数々のヒット作を生み出す鬼才ティムバートン監督と、変幻自在に姿を変えるカメレオン俳優ジョニーデップが送る摩訶不思議な工場見学。ドキドキワクワクの展開に目が離せません!
  • 公開日:
    • 2005年7月15日
  • 監督:
    • ティム・バートン
  • 出演:
    • ジョニー・デップ(ウィリー・ウォンカ)
    • フレディ・ハイモア(チャーリー・バケット)
    • デイビッド・ケリー(ジョーおじいちゃん)
    • ディープ・ロイ(ウンパ・ルンパ)ほか

あらすじ

美味しさと驚きで世界に名を轟かせるウィリー・ウォンカ製のお菓子たち

一度は産業スパイの影響で工場を閉じたもののしばらくすると工場は再開しお菓子が再び出てくるようになった

しかし工場の扉は固く閉ざされ中をうかがい知ることはできない従業員なども一旦は全員解雇したはずの工場でどうやってお菓子を生産しているのかその真実はひた隠しにされてきたさてそんなウィリー・ウォンカの工場がある都会の隅っこに身を寄せて暮らしている貧乏な家族がいた

父は歯磨き粉工場で働いていたが最新機器の導入のせいで職を失い専業主婦である母と介護が必要な4人の老人たちそして心優しい少年チャーリーはさらに貧しい生活を強いられることになるチャーリーの誕生日プレゼントに一枚の板チョコを買うのさえ大変なほどだ

しかしそれでも家族は仲睦まじく暮らしていたそんなあるウィリー・ウォンカの工場からある重大発表がなされるなんとウィリー・ウォンカ製の板チョコレートの中に5枚の金色のチケットを入れたというのだ

世界中に出荷され膨大な量が生産されるこのチョコレートの中から幸運にもチケットを引き当てた子供はその家族一人を付き添いとしてペアであのウィリー・ウォンカの工場へと招待するというのだしかもそのうちの一人はなんと豪華な副賞もらえるという

世界中の子供達は金色のチケットを求めて菓子屋に集結

世界中の報道機関がこの様子を報道したそしてチャーリーにもその幸運が舞い降りてくることとなる工場見学の権利を引き当てた幸運な子供達は摩訶不思議な工場へと入ることに工場の中には様々なものがあるがわがままで言うことを聞かない子供たちは次々と脱落していく

最後に一人残ったチャーリーは工場長であるウォンカから副賞内容を教えられるそれはこの不思議な工場を引き継ぐ後継者となることだった

しかしそのためには家族を捨てることウォンカは条件を出しチャーリーは家族を優先してこれを断るウォンカは予想だにしない展開に驚きしょげてしまうが後日チャーリーが靴磨きの仕事をしていた際にばったり遭遇する

家族を捨てることという条件はウォンカ自身が家族と不仲であるため出した条件だ知ったチャーリーはウォンカと家族が仲直りできるよう間を取り持ちうまく仲直りさせることに成功するウォンカは考えを改めチャーリーに家族と一緒に工場で暮らすことを提案する

そしてチャーリーとその一家そしてウォンカは工場で楽しく暮らすのだった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク