【ネタバレ有】アポカリプト のあらすじ【まとめ】

洋画「アポカリプト」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • マヤ文明の繁栄するメキシコのユカタン半島で、部族抗争で捕虜となった男の逃亡劇を描いたメル・ギブソン監督のアクション映画
  • 公開日:
    • 2007年6月9日
  • 監督
    • メル・ギブソン
  • 出演者
    • ルディ・ヤングブラッドジャガー
    • ダリア・エルナンデスセブン
    • ヘラルド・タラセーナミドル・アイ
    • ラオウルトルヒーヨゼロウルフ
    • ジョナサンブリュワーブランテッド
    • モリス・バードイエローヘッドフリント・スカイ) ほか

あらすじ

ジャングルで狩りをする若者ジャガーは村を襲われて逃げる部族たちに出会いました彼らはジャガーに危険を予知するような言葉を残し去ってゆきました

翌朝ジャガーが目を覚ますと他部族が襲撃にやって来ましたジャガーは妻と子供を井戸に隠し戦いましたが捕らわれ捕虜となりましたそのジャガーは父親を見つけ声をかけましたすると他部族の一人が父親をジャガーの目の前で喉を切り裂き殺害しました

ジャガーは竹の棒に縛られ連れてゆかれましたジャガー達をとらえたのはマヤ帝国の部隊でした生贄の儀式に使うための人間や労働者の確保の為に村を襲って捕虜としてとらえていたのでした

昨日あった男の部族も捕まっていました合流した部隊たちは列をなしてマヤ帝国を目指しますマヤ帝国に到着すると広大な土地で捕らわれた捕虜たちが都の建設に使われていましたジャガー達は並べられ品さだめをされます若い女は男たちに買われますそしてジャガーは儀式の生贄となりましたマヤのピラミッドの上では生贄の儀式が行われていました

心臓をえぐられ首を落とされ頂上から首もろとも体も落とされますこの光景を目にしたジャガーは恐怖に震えましたそしてジャガー達の番が回って来ました

最初に連れて行かれたのはジャガーの仲間でした首切りの台に乗せられたその皆既日食がおこりあたりは真っ暗になりました突然の事態に儀式は中止となりました生贄を免れたジャガー達は人間狩の道具にされてしまいます

広いトウモロコシ畑を逃げ切れば解放という条件でしたしかしマヤ帝国の部族たちが逃げる捕虜たちを弓矢や石などで狙って殺すと言う遊びでしたジャガー達は走って逃げました一人また一人と殺されます仲間のブランテッドも矢で撃たれました

そして走るジャガーも矢をくらってしまいました倒れたジャガーにスネークがとどめを刺しに来ますしかし撃たれながらも追いかけてきたブランテッドによって助けられますそしてスネークを殺害しました

息子のスネークを殺害された父親ゼロ達一向がジャガーを追い始めました逃げるジャガーと追いかけるゼロの兵士たちの逃走劇がジャングルの中で始まりました

ジャガーはジャングルの中の狩りで使うワナを仕掛け次々兵士を狩ってゆきます逃げるジャガーは追い詰められました目の前は海でしたそこに2人の兵士がやって来ました

万事休すと思ったそのスペイン軍の船団がやってきましたマヤ帝国のメンバーは追跡をやめスペイン船に近づきます解放されたジャガーは自分の村に戻りました

そして井戸の中を見ると妻が赤ちゃんを出産していました再会を果たしたジャガー達は新しい場所を求めて旅立ちました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク