【ネタバレ有】テンプレ のあらすじ【まとめ】

邦画「アイアムヒーロー」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 謎のウイルス『ゾキュン』によって人々がゾンビ化した街から逃げ出し、生き残った人たちのアジトの合流した英雄でした。しかしアジト内で権力争いが勃発しますという話です。
  • 公開日:
    • 2016年4月23日
  • 監督:
    • 佐藤信介
  • 出演者:
    • 大泉洋(鈴木英雄)
    • 有村架純(早狩比呂美 )
    • 長澤まさみ(藪・小田つぐみ)
    • 吉沢悠(伊浦)
    • 岡田義徳(サンゴ)
    • 片瀬那奈(黒川徹子) ほか

あらすじ

中年にさしかかった漫画家鈴木英雄は15年前に入賞して依頼パッとせず漫画家の松尾のアシスタントをして生計を立てていました

私生活では34歳の黒川徹子と同棲中でしたしかしいつまでも過去の入選の栄光にしがみついている英雄に徹子は嫌気がさし追い出してしまいますクレー射撃の銃を持って追い出された英雄は途方にくれます翌日アシスタントの一人の女性が休みました

テレビでは謎の感染症のニュースをやっています松尾が入って来ました首にはキスマークがついています松尾とアシスタントの女性はそういう関係だったのです

その英雄の携帯に徹子から電話がありました何を言っているかわからないのでアパートへ向かいました徹子は感染症でゾンビとなり英雄に襲い掛かりました

自分の入賞トロフィーで撃退した英雄は職場に戻りましたそこには同じアシスタントの三谷は血まみれでバットをもって立っていますゾンビとなった松尾が襲ってきました

三谷は松尾の頭を何度も叩きましたそしてゾンビは頭を破壊しないとダメだと言いました三谷も噛まれていて自分で首を切って自殺しました逃げ出した英雄に映った光景は街にあふれるゾンビ達でしたその制服の女子高生比呂美と会い行動を共にしました

そして男が運転する車に乗り走り出しました良く見ると男は噛まれていますしばらくすると男はゾンビとなり運転手に噛みつきましたゾンビ男を車から放り出したものの今度は運転手がゾンビとなり車は事故を起こし二人は脱出しました

そして二人は富士山を目指しました比呂美に噛まれた跡がありました英雄は銃を向けますが3日間発症しないといいます比呂美には免疫があるようです二人はゾンビ達に襲われながらも富士山麓のモールに付きましたそこで感染していない数人の男性に会いついてこいと言われ行きました

そこは感染していない人たちのアジトでした食料はモールの中から調達していましたしばらくするとリーダーの伊浦という男が食料を調達に行きというので来いと言われました

銃はこちらに渡せとも言います断ると比呂美を人質に取っておりどうなってもいいのかと言われ英雄は銃を渡しました銃を手に取ったサンゴは伊浦に銃を向けクーデターを図ります内部で権力争いが始まりましたサンゴがリーダーとなり倉庫に向かいました倉庫内にもゾンビがいます伊浦は一人抜け出し制御室へ向かいます

伊浦は照明をつけBGMを大音量で流しますゾンビ達をおびき寄せサンゴたちを襲わそうという魂胆ですそして伊浦は地下駐車場を開きゾンビ達を建物にいれました

英雄は銃を取り戻しましたそのころ伊浦は藪のところに行き車で逃げようとしましたが伊浦も噛まれていたので藪は襲われましたそこへ登場したのが英雄でした

藪に伏せろといって伊浦を撃ち殺しますそして英雄比呂美藪の3人が合流しましたそこへサンゴとアベサンがゾンビに追われてやってきました

英雄は銃で次々撃ち殺しますサンゴとアベサンは噛まれました英雄はゾンビを全滅させました

3人は車に乗りました運転しているのは藪です3人を乗せた車を直線の一本道を走ってゆきました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク