【ネタバレ有】ラーメンガール のあらすじ【まとめ】

洋画「ラーメンガール」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • ラーメンの味に魅了されたアメリカ人の女性が、ラーメン職人を目指して奮闘する感動作。
  • 公開日:
    • 2009年1月17日
  • 監督
    • ロバートアランアッカーマン
  • 出演
    • ブリタニー・マーフィーアビー
    • 西田敏行前住
    • 貴美子前住の
    • パク・ソヒトシイワモト
    • タミン・ブランチャードグレッチェン
    • ガブリエル・マンイーサン
    • 石橋蓮司宇田川
    • 山崎努師匠ほか

あらすじ

恋人のイーサンを追いかけて来日した主人公のアビー

彼女は東京での二人きりの甘い生活を夢見て就職も決めやって来たがイーサンはそんな彼女を鬱陶しく思い仕事にかこつけて大阪へと逃げてしまうイーサンのマンションに一人取り残され言葉もわからない異国で一人悲しみに暮れるアビー

ある彼女は雨の中を濡れながら歩いていると一軒の古いラーメン屋を見つけにおいにつられて店内へと入っていく閉店後の店内で一服していた主人の前住はアビーを追い返そうとしたがずぶ濡れの姿のまま泣き出してしまった彼女を哀れに思いラーメンを作って食べさせるその美味しさに衝撃を受けたアビーは再び店を訪れ前住に弟子入りを懇願する

驚いた前住は怒って彼女を追い出そうとするが引き下がらない彼女に根負けし弟子入りを認めてしまう前住の店でアビーのラーメン修業が始まった彼女は日本でラーメン職人になりたいという新しい夢を見つけたのだった

だが彼女がさせられる仕事は食器洗いや後片付け店内の掃除ばかりでなかなかラーメン作りを教えてもらえない

お互い言葉が通じず仕事ぶりが気に入らないと怒鳴ってばかりの前住にフラストレーションが溜まっていくある前住と口論になり店を飛び出してマンションに戻ったアビーは散らかしっぱなしでゴミだらけの部屋を見つめ愕然とする自分の部屋もちゃんと掃除できないのにラーメン屋で仕事ができるはずがないと反省したアビーは再び前住のもとへ

決意を新たに本格的なラーメン修業が始まったまじめな仕事ぶりが少しずつ評価されラーメン屋の仕事を順調にこなすようになってきたアビーある彼女はバーでトシという英語が堪能な日本人のサラリーマンと出会い意気投合する

後日二人は横浜のラーメン博物館でデートをその帰り道に彼から自分は在日朝鮮人三世で自分も子供のころに差別を受けて日本から逃げ出したくなったことが何度もあると聞かされる

恋に落ちた二人は順調に交際を続けるがあるトシは会社から上海への転勤を命じられるアビーは再び一人ぼっちになってしまった

一生懸命修行に励みようやくラーメンが作れるようになってきたアビーだが前住は彼女のラーメンにはまだ何かが足りないと感じているだがそれが何なのかは自身にもわからない

ある前住は有名チェーン店の経営者で兄弟弟子だった宇田川からアビーのことを馬鹿にされ激怒前住と宇田川のかつての師匠に宇田川の息子とアビーのどちらのラーメンが認められるかという勝負を引き受けてしまう

アビーのラーメンに欠けているものが彼女自身の心にあることを前住の母親から指摘され彼女はいっそうラーメン作りに精進する

決戦当日前住と宇田川の師匠がやって来てそれぞれのラーメンを試食師匠はまず宇田川の息子のラーメンを食べしばらく考え込んでから合格を与えた次にアビーのラーメンを食べ再び考え込む師匠は彼女のラーメンを気に入るも合格を与えるにはまだまだの出来だと彼女に告げる

決して悪い出来ではなかったが勝負に負けてしまった意気消沈のアビーと前住だったが彼女の成長を肌で感じていた前住はその彼女に免許皆伝を告げるアビーは晴れて一人前のラーメン職人となったのだだが同時に前住は引退して店を畳む決心をしていた

そして1年後アメリカで自分のラーメン店を出したアビーは忙しいながらも充実した日々を送っているそんなあるアビーの店に現れた端正な顔立ちの東洋人の青年

自身の夢のために会社を辞めてやって来たトシだった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク