【ネタバレ有】仮面ライダーZO のあらすじ【まとめ】

邦画「仮面ライダーZO」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 1993年の「東映スーパーヒーローフェア」の1プログラムとして公開された、仮面ライダーシリーズ劇場版。仮面ライダーBLACK RXから実に4年ぶりの新作である。
  • 公開日:
    • 1993年4月17日
  • 監督:
    • 雨宮慶太
  • アクション監督:
    • 金田治
  • 主演:
    • 土門廣
    • 佐々木功

あらすじ

一人の麻生勝バッタの導きによって長い眠りから覚める

バッタは告げる望月宏を守れゆっくり起き上がった勝は人間ではない異形の姿へと変わっていったあるスクラップ置き場にて奇怪なコアが周囲のスクラップを取り込み異形の生命体ドラス生まれる

力を誇示するかの如く近くの鉄塔を破壊したドラスは行動を開始したある日の昼下がり下校中の宏のもとにドラスが姿を見せる

ドラスは宏を狙っていたのだ!絶体絶命の危機にさらされた宏を救ったのは異形の姿仮面ライダーZO変身した勝であった

しかしドラスの能力はライダーをはるかに上回る苦戦するライダーであったが一瞬のスキをつき愛車Zブリンガー体当たりでドラスを下す祖父に事情を告げようと逃げるように帰宅した宏の前に勝が現れる突然現れた勝に困惑する

そのさなか生きていたドラスは自分のパワーを分け与えた怪物コウモリ男クモ女創り出し宏に差し向けるクモ女は宏を異空間へと誘拐し襲い掛かる!絶体絶命の宏をライダーが救う

異空間での戦いのクモ女をそして宏を誘拐しようとしたコウモリ男を打倒するライダー宏を帰した勝は宏の祖父清吉に自らの過去を告げる2年前宏の父にして現在行方不明である望月博士の狂気的な実験のネオ生命体試作品として改造されたことを

ドラスら怪物たちは望月博士によって生み出されたのだ!それを知りショックを受け自暴自棄になる宏を勝が諭す人間はみな一生懸命生きている愛し合いながらこれを壊してはいけないそのさなかコウモリ男が出現宏を誘拐してしまう!バッタの導きによってネオ生命体のアジトへと走るライダー

そこで彼が見たものは自らが生んだネオ生命体によって哀れな姿に変えられてしまった望月博士であった!望月博士はある時人の心を取り戻しネオ生命体の力を恐れるようになっていただがネオ生命体は自らを完全な生命体とさせるため博士を異形の姿に変えたうえ宏を人質に取ったのだった

勝を導いたバッタは望月博士の分身だったのだライダーの前にネオ生命体の分身であるドラスが再び姿を現す

激戦を繰り広げるライダーとドラス!戦いは拮抗するも一瞬のスキをついたドラスによってライダーは吸収されてしまう!これまでと思われたその望月博士の命を懸けた行動によってできたすきをついて宏はドラスの中の勝に呼びかける

ライダー!」その叫びがライダーをよみがえらせた!ドラスから分離したライダーは必殺のライダーキックでドラスを打倒それに伴い本体のネオ生命体も消滅する戦いに勝利したライダーだったが犠牲は大きかった

望月博士の捨て身の行動で彼の命は風前の灯火であった爆発するアジトとともに博士は運命を共にしたのであった戦い終わっていずこかへと去っていく勝を見送る

お兄ちゃん!ライダー!!」その声を受け力強く振り返る=ライダーであった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク