【ネタバレ有】椿三十郎 のあらすじ【まとめ】

邦画「椿三十郎」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 1962年に、名監督黒澤明が手がけた。黒澤作品の中でも代表作の一つと名高く、主演は黒澤映画常連の三船敏郎が務めている。
  • 公開日:
    • 1962年
  • キャスト
    • 三船敏郎(椿三十郎)
    • 仲代達矢(室戸半兵衛)
    • 加山雄三(井坂伊織)
    • 平田昭彦(寺田文治)
    • 団令子(千鳥)ほか

あらすじ

夜もふけった社殿の中には人の気配がありましたそこには9人もの若侍が集結していました彼らは密談をするべくこんな真夜中に人目を忍んで集まっていたのでした

年若く野心に燃える彼らの話題は上役の汚職を暴くというものでした

しかし実はこの社殿には既に椿という浪人が居座り居眠りをしていたのですが誰もそれには気がつきません椿の存在を知らない若侍達は本題へと入っていきます

若侍のうち井坂伊織はその汚職をしている黒藤という次席家老の立場の人物と国使用人である竹林に処罰を与えて欲しいという意見書を提出しますが城代家老伊織の叔父にあたる人物である陸田はそれを拒みます

諦めきれない伊織は次に大目付役である菊井に同様の内容を報告します

菊井はその話に興味を持ちより詳しい内容を聞く為に伊織の仲間を全てその場に集結させよと告げます自分達の話が通ったことに歓喜した伊織達若侍は喜びに湧きます

しかし若侍達はとうとうそこで椿の存在に気がつきますこの密談の内容が広まれば処罰は逃れられない若侍達は椿に敵意を向けますしかしそんな彼らをいなす為か椿は大目付菊井が黒幕だ告げるのでした勿論自分達の話に耳を傾けてくれていた張本人が黒幕であるとは若侍達は信じません

しかし実際に外を覗くと社殿は菊井の部下達によって囲まれていたのでした怯む若侍達に対して椿は一人社殿の外へと歩いていきます

そんな彼に菊井の部下である室戸半兵衛という男が近づいて来ます室戸は椿の雰囲気から彼がただの普通の剣士ではないと見抜きここで戦うのは得策ではないとそのまま去っていきました

なんと椿は絶体絶命の状況を会話一つで乗り切ったのでした若侍達はようやく見えた希望に裏切られたことに絶望しながらも未だその野望を止めようとはしませんでした

そんな若侍達の姿を見た椿は彼らの為に一肌脱ぐ決意をします若侍達は改めて自分達に話す場をくれてきた陸田ともう一度話し合おうという結論に至り陸田の屋敷へと向かいました

しかし屋敷についてみると陸田は何者かによって既に拉致されており陸田の妻と千鳥が邸にて監禁されていたのでした夫人と千鳥を助け出した椿は彼女達の身を寺田文治という若侍の一人の家に匿います

この陸田夫人という人物は非常に人間ができており自分達を助け出してくれた椿に前面の感謝をしつつも一方どこか危なかしい部分がある椿を心配してくれました夫人に名を尋ねられ椿は咄嗟に椿三十郎名乗ります

実はこの名前庭に咲いていた椿の花と自身の年齢である30代からとった偽名でした本来であれば名乗るほどのものではない答えたかったのですがそれは自分に優しさを表してくれた夫人に対しては失礼と感じた椿が本名を開かせない苦肉の策として作り上げたのでした

夫人と千鳥を匿う寺田文治の隣家には当初自分達が密談で汚職を暴こうとしていた黒藤が住んでいました黒藤の家は通称椿屋敷呼ばれていますそんな椿は突然若侍に相談もないまま室戸半兵衛のもとを訪れます

前々から椿の力に目をつけていた室戸半兵衛は椿を仲間内に引き入れようと交渉を持ちかけてしましたそして何と椿もその話に乗ってしまったのですその事を聞いた若侍達はとうとう椿にまで裏切られたのだと怒りに打ち震えます

しかしそれは椿が敵の懐に潜り込み真実を探り出すという作戦でした陸田が黒藤の家に監禁されている事を知った椿は寺田家と黒藤家を通じる庭の水に椿の花を大量に流した時を救出の合図とするという作戦を若侍達に伝えますそして時は満ち川を大量の椿が彩りました

その合図とともに若侍達が一斉に奇襲をかけます無事に陸田を救出したとうとう椿と室戸半兵衛の一騎打ちとなりました

その確かな実力で勝利を収めた椿はそのまま静かに何処かに消えて行くのでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク