【ネタバレ有】ローマの休日 のあらすじ【まとめ】

洋画「ローマの休日」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 1953年のアカデミー最優秀主演女優賞に新人のオードリー・ヘップバーンが輝いた作品。永遠の都ローマを舞台に繰り広げる王女と新聞記者のラブストーリー。
  • 公開日:
    • 1954年4月19日
  • 監督ウィリアムワイラー
  • 出演者役名
    • オードリー・ヘップバーンアン王女
    • グレゴリー・ペックジョーブラッドレー
    • エディ・アルバートアービング・ラドビッチ
    • ハートリーパワーヘネシー支局長) ほか

あらすじ

ヨーロッパの某国の王女アンは欧州親善旅行でイタリアのローマを訪れる

すでにロンドンアムステルダムパリを周遊してきたところである

駐在大使主催の舞踏会に出席後就寝前にハードなスケジュールからのストレスでヒステリーを起こしてしまい侍従たちは医者を呼ぶ睡眠薬と鎮静剤の混ざった注射を打たれる

しばらくして窓から聞こえてくる陽気な音楽の誘惑にかられ宮殿をこっそり抜け出す

街をぶらつくも先ほど打たれた睡眠薬が効いてきてベンチに横になってしまうそこを通りかかった新聞記者のジョー・ブラッドリーはアンを家に送ろうと住所を尋ねるが満足な答えを得られない仕方なく自分のアパートへ連れて行き一晩泊めてあげることに

翌朝寝過ごしてアン王女の会見を逃してしまったと思い込んでいるジョーはバツが悪そうに出社するしかし支局長からアン王女が急病にかかり記者会見は中止になったと知らされる新聞でアンの顔を見たジョーは自宅アパートに泊めている女性がアンだと気づく

金欠ぎみのジョーはアン王女の特ダネをつかんだ場合の特別ボーナスを支局長に約束させる

アンはジョーから小額のお金を借り街へ繰り出す彼女にとってはちょっとした冒険だサンダルを買ったり美容院でショートヘアにしたりと一般市民になったかのように振る舞う髪を切ってもらった美容師から今夜船上パーティーへ行かないかと誘われる

スペイン広場の階段でアイスクリームを食べているアンに自分の職業を明かさずまたアンが王女自身であることに気づいていないふりをしてジョーは近づく友人のカメラマンアービングと共にアンを観光案内することに

アービングはライターの形をしたカメラでアンを隠し撮りするアンは生まれて初めてタバコを吸ったりスクーターを運転したりして自由と冒険を満喫するしかしそのサンタンジェロ城の船上パーティーでついにアンは捜査員に見つかってしまう

一騒動ののちアンとジョーは彼らを振り切り泳いで川岸へたどり着く

たった半日ほどだったが時間を共有した二人は互いへの愛に気づき抱き合いキスを交わす

お互い相手に抱く秘密は打ち明けられないままアンは自分の立場を思い宮殿へ帰って行く一方ジョーはアンのことを記事にしないと決心する翌日アンの記者会見に出席したジョーとブラッドレー

二人がここにいることに少し驚くアンアービングは前日に撮った写真の入った封筒を彼女に渡すアンとジョーは互いに数秒見つめ合う

永遠の都ローマで忘れがたい思い出ができたアンの瞳には美しい涙が光る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク