【ネタバレ有】秘密 THE TOP SECRET のあらすじ【まとめ】

邦画「秘密 THE TOP SECRET」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 科学警察研究所法医第九研究室、通称第九は死者の脳内を映像化できる技術を開発し、捜査に使いだしたものの見た映像にによって事件は思いがけない方向にいってしまうというサスペンス映画。
  • 公開日:
    • 2016年8月6日
  • 監督:
    • 大友啓史
  • 出演者:
    • 生田斗真(薪剛)
    • 岡田将生(青木一行)
    • 吉川晃司(貝沼清孝)
    • 松坂桃李(鈴木克洋)
    • 栗山千明(三好雪子)ほか

あらすじ

科学警察研究所法医九研究室は通称九と呼ばれ死者の脳内に残った記憶を映像化する技術を開発しました

ただ死者の脳内の映像は幻想や妄想も映るため警察においては正式な証拠とはならず正式に承認も受けていませんでした

その九に配属が決まったのは東大卒の青木一行でした九の真鍋刑事と共に若い女性の死体を検証した青木は九の呼ばれました女性の死体の脳を見るためです

彼女が殺される寸前に見た映像が映し出されました容疑者として事情聴取されている男性とは別の男性に襲われていました

青木は九の室長薪に3年前の一家惨殺事件を解決しろと命ぜられます室長の薪はかつて28人を殺害した貝沼という男の脳内を見た唯一の生き残りだと聞きました青木は一家殺害の犯人である露口浩一の死刑執行後彼の脳内を見ることになりました露口浩一が自宅に戻ると次女が殺されていました

そして更に妻も殺されていました別の部屋に行くと長女絹子が祖母に包丁を何度も突き刺していましたそして絹子は手に持った包丁を父親の浩一に持たせたのです

絹子は自分の殺害を父親の殺害に仕立てたのです行方不明の絹子が真犯人だったのです早速青木は再捜査を伺いますが九は正式機関と認められていないため別の証拠が見つかるまで再捜査は保留となりました

青木は刑事の真鍋が担当していた事件の為真鍋に会いました真鍋は浩一の時計をしていました

そこで真鍋に浩一の脳内映像を見せ絹子の捜査を依頼しましたまた映像から絹子が自分の部屋にいろいろな男を引き入れては性交渉を楽しんでいたことがわかりましたそれを覗いていた父親の浩一とも関係を持ったことがわかりました

薪は絹子はサイコパスだといいました絹子が突然自分から現れました記憶喪失で何も思い出せないといっていましたその皆既日食がおこり同時に9人が自殺しました薪は自殺した人の脳内を見ましたすると全員同じ時期に少年院にいました

院内で一人の講師に何か暗示をかけられていました恐らく皆既日食の日に自殺するように催眠術のようなものをかけられたのだろうということになりましたがこの講師があの殺人鬼の貝沼であることがわかりましたこの絹子は貝沼に催眠術をかけられたのではないかと疑い始めました

一方真鍋は捜査が進まない苛立ちと脳内を見たせいで幻覚が見えだしましたそして絹子に銃を向け白状させようとしましたが青木に止められました錯乱状態になった真鍋は銃で頭を撃ちぬいて自殺しました

その薪は過去に貝沼の脳内を見て死んだメンバーの中の鈴木克洋の脳内を見ようとしていました鈴木は貝沼の脳を破壊し薪に自分を殺してくれと頼んだ男です

薪は鈴木のいう通り射殺したという過去がありました鈴木の脳内を見れば鈴木の見た貝沼の脳内が見れると考えました

薪が新人だった頃同じ教会にいた貝沼が誰かが落とした財布を拾ったのを見て薪は貝沼に返すようにいい代わりにお金を渡したのでしたこの行為が貝沼にとって大きな重みになっていることがわかりましたそして絹子に催眠術をかける様子もありました

さらに貝沼が自殺する前の様子もありました貝沼は薪に対し異常ともいえる感情を抱いていたこともわかりましたそして貝沼の脳を見た鈴木は薪には絶対見せられないと思い貝沼の脳を破壊したのですそして自分も自殺しようとしたとき薪が現れたのでした

絹子と貝沼がつながっていたことが分かった薪に絹子から電話がありました青木が死んでしまいそうというのです薪が駆けつけると真鍋の死体のそばに青木が倒れていました

真鍋に撃たれたのです絹子に貝沼のことを話しますが絹子は自分の言いたいことだけ言って消えました青木は一命を取り留めましたその青木は思い出しました

絹子に殺されたと思われる全盲の男性ですこの男性が飼っていた盲動犬の脳を見るのですこのことを薪に言うと早速見ました

盲導犬は絹子に奪われていましたそして犬の目線で絹子のアジトがわかりました周りには人骨がたくさんありました

急行した警察を前にして絹子はアジトもろとも焼身自殺しました事件は解決し九は正式に組織として認められました退院した青木は辞職届を出しました薪は引き留める代わりにUSBメモリーを渡しました青木はパソコンで見ました

それは盲導犬の脳内映像でしたそれも正常だった絹子と盲目の男性が交際していた時のものでした楽しそうな映像が映し出されました

楽しく幸せそうな映像を見た青木は九に戻る決意をしました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク