【ネタバレ有】アナと雪の女王 のあらすじ【まとめ】

洋画「アナと雪の女王」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • アレンデール王国の女王エルサは、触れたものを凍らせる力を持っていた。ある日、この力によって王国中が凍り付いてしまう。エルサの妹アナとその仲間たちは王国に夏を取り戻そうと奮闘する。姉妹の愛の物語である。
  • 公開日:
    • 2014年3月14日
  • 監督:
    • クリス・バック
  • 声優:
    • クリステン・ベル(アナ)
    • イディナ・メンゼル(エルサ)
    • ジョナサン・グロフ(クリストフ)
    • ジョシュ・ギャッド(オラフ)
    • サンティノ・フォンタナ(ハンス王子)ほか

あらすじ

アレンデール王国の女王エルサは触れたものを凍らせてしまうという魔法の力を持っていたこの力でエルサは妹のアナを楽しませ姉妹は仲良く暮らしていた

しかしある日この力によって誤ってアナを傷つけてしまったエルサは自分の力を恐れるようになり力を隠そう抑えようと他人に会うのを控えるようになった王国の門も閉ざされたエルサの戴冠式の久しぶりにエレンデール王国の門が開かれた

しかしアナがその日にあったハンス王子と結婚すると言い出したためにエルサとアナは口論になりエルサは人々の前で魔法の力を爆発させてしまうエルサはこれ以上周りの人を傷つけないためにまた自分らしく生きていくためにアレンデール王国を出て北の山に氷の城をつくった

ところがエルサの考えとは裏腹にエルサの力によってアレンデール王国は氷に包まれてしまうアナはエルサを連れ戻して王国に夏を取り戻すために北の山へ出発する

その道中で氷売りのクリストフその友達であるトナカイのスヴェンエルさが創り出した雪だるまのオラフらと出会い助け合いながら奮闘するその道中でアナとクリストフは互いに惹かれあっていった夏を取り戻すための旅はなかなかうまくいかず何度も命の危機にあったり諦めそうになったりした

アナはエルサの作った氷の城にたどり着いて王国に戻るよう説得するがその途中でエルサはアナをまたしても傷つけてしまうアナは心に傷を負ったので瀕死の状態になりアナを救うためには愛する人のキスが必要だと知ったクリストフはアナを婚約者であるハンス王子の元に連れていく

しかしハンス王子はアナを愛しておらず見殺しにしようとしたその結果アナは全身凍り付いてしまう凍ったアナを見たエルサは悲しみアナを抱きしめるするとアナは心の部分からだんだんと溶けてゆき生き返る

アナを救ったのはハンス王子ではなく姉妹の愛の力だったのである愛の力が必要だと気付いたエルサは王国の冬を終わらせ遂に夏を取り戻す

その後姉妹は王国の門を閉ざすことなく暮らしたエルサの力はあるままだが恐れに支配されるのではなく力を良いように使えるようになった

人々を広場に集めスケートリンクを作って楽しんだりもしているハンス王子は国に送還されクリストフは王国専属の氷を運ぶ係に任命されたオラフも自分専用の雪雲をエルサに作ってもらった

アナはクリストフにキスした姉妹とその仲間たちはその後楽しく暮らせるようになったのである

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク