【ネタバレ有】グッド・ウィルハンティング のあらすじ【まとめ】

洋画「グッド・ウィルハンティング」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 天才だが才能を活かせない不良少年が人生で大事なことを見つけるまでの物語。
  • 公開日:
    • 1997年
  • 監督:
    • ガス・ヴァン・サント
  • 出演:
    • ウィル・ハンティング-マット・デイモン(宮本充)
    • ショーン・マグワイア-ロビン・ウィリアムズ(樋浦勉)
    • チャッキー・サリヴァン-ベン・アフレック(堀内賢雄)
    • スカイラー-ミニー・ドライヴァー(小林優子)
    • ジェラルド・ランボー-ステラン・スカルスガルド(津嘉山正種)
    • モーガン・オマリー-ケイシー・アフレック(高木渉)
    • ビリー・マクブライド-コール・ハウザー(中田和宏)
    • トム-ジョン・マイトン(長島雄一)
    • クラーク-スコット・ウィリアム・ウィンタース(檀臣幸)
      ※( )内吹替え担当者

あらすじ

主人公のウィル・ハンティングは幼馴染で不良仲間5人組(チャッキーモーガンビリートム)行動している

仕事はマサチューセッツ工科大学で掃除夫のアルバイトをしている

あるMITの廊下の黒板に学生にも解けない難しい宿題が出された誰もいない廊下でウィルは掃除の合間にその問題の答えを黒板に書きこんでしまう彼は数学の天才であったのだ

宿題を出題した大学教授ジェラルド・ランボーは誰がその問題を解いたのか学生に授業で聞くが誰も答えなかったそして回答者を発見するため新たな難問を黒板に掲示する

そしてそれを解いているウィルの姿を見つけるのだがウィルはジェラルドの制止も聞かずその場を離れてしまうそんなウィルは友達と車でドライブしていた時に幼いいじめられていたいじめっ子を発見し暴力事件を起こして逮捕されてしまう

保釈条件として身元引受人となるため現れたジェラルドと週一回数学の勉強をすることになった

しかしジェラルドとの勉強もウィルを満足させることは出来なかったウィルは友達とハーバード大学にナンパに出かけバーでスカイラーに出会うスカイラーはイギリス出身で医者を目指す才媛だ不良のウィルとスカイラーは付き合い始める

数学者ジェラルドは数学を学ぶウィルの生活態度に問題を感じ知り合いの精神医学者に助け求めるが彼らより頭の良いウィルは医者たちを馬鹿にまじめに取り合わなかった

途方に暮れたジェラルドは学生時代のルームメイトで大学で心理学の講義をしているショーンにセラピーを依頼するショーンとのセラピーでも無言を通したウィルだったがショーンは次も来るようにジェラルドに申し出る

スカイラーとデートを繰り返すウィルであったがスカイラーはウィルとの距離を縮められずにいた

ウィルは自分のことや家族のことをあまり話したがらなかったのである一つだけ男兄弟がたくさんいると聞かされただけだったそんなあるスカライラーはウィルに自分と一緒にロスエンジェルスに引っ越してほしいと頼む

スカイラーはメディカルスクールに進学することになったのだスカイラーに迫られたウィルは自分には兄弟はいないこと孤児で引き取られた養父から虐待を受けてきたことを明かし出て行ってしまうウィルはセラピーでスカイラーとのことをショーンに相談する

ショーンは虐待はウィルのせいではなく養父の責任ではないと繰り返しながら強く抱きしめてくれるウィルにとって愛した人に裏切られるのが怖く人を愛せなくなっていたのだ

思わず泣きだしてしまうウィルそのころスカイラーは一人でロスエンジェルスに旅立ってしまう

ジェラルドはウィルの才能を世の中に出そうと国家安全保障局や大企業へ面接に行かせるしかしウィルにとってそれすら取るに足りない事だった

才能を活かさず工事現場で一緒に働くウィルを幼馴染のチャッキーは叱る何が大事なことか見つけたウィルは誕生日祝いに仲間が譲ってくれた車に乗ってロサンジェルスに旅立つ

今年アカデミー賞を受賞したケイシー・アフレックが出演している事にも注目である

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク