【ネタバレ有】二重生活 のあらすじ【まとめ】

邦画「二重生活」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 大学院生の珠は、特定の人物を尾行しその生活を記録する「哲学的尾行」を実践する。近所に住む既婚男性・石坂を対象者とし、彼の秘密を知ることで、異常なほどに「哲学的尾行」にのめりこんでゆく。
  • 公開日:
    • 2016年6月25日
  • 監督・脚本:
    • 岸善幸
  • 出演:
    • 門脇麦(白石珠)
    • 長谷川博己(石坂志郎)
    • 菅田将暉(鈴木卓也)
    • リリー・フランキー(篠原弘)ほか

あらすじ

冒頭ではドアノブに縄をかけ自殺を図る男性の様子が映し出される場面が変わり珠とその交際相手卓也の部屋

2人は互いに同じベッドで目覚め愛し合い何気ない会話を交わしてそれぞれに外出する珠は大学院生である哲学科の篠原先生の授業で哲学的尾行話を耳にする論文の大罪決定に悩んでいた珠は篠原先生に相談しこの哲学的尾行実践してみることを提案される

哲学的尾行とはある特定の人物1人を理由なく尾行しその生活行動を記録するというものだ

尾行を通して他者の生活を追体験するそしてこの尾行における唯一のルールは対象者と接触してはいけないということのみ珠は一度考えさせてほしいと申し出部屋を後にする帰り道尾行に関する本を探していると作家のサイン会が開かれていた

その作家に同行していたのが珠の隣人の石坂彼は出版社に勤務していた試しに石坂を尾行してみた石坂は急ぎ足で本屋を出てカフェに入り女性と落ち合った2人の中は大変親密な様子何と石坂は妻と子供がありながら不倫をしていたのである

カフェから出た石坂とその不倫相手は路地裏に入り激しく接吻をするその場面を目撃した珠は動揺を隠せず何度もその路地裏の前を行き来してしまうほどであった石坂と不倫相手が解散した珠は不倫相手の女性を尾行した

これにより不倫相手の女性はデザイン事務所の澤村しのぶという人物だということを突き止めその日の尾行を終了し篠原先生に哲学的尾行実践する意思を伝える石坂は妻と娘との3人暮らしてマイホームを所有近隣からの評判もよい

々が憧れる幸福な一般家庭を築いていた妻と娘に優しく3人で散歩がてらにケーキを買ったり水族館に行ったりもする良い父であったその一方で不倫相手のしのぶとの逢瀬は続けていたあるレストランで食事をしていた石坂としのぶが口論を始めた

ホテルのトイレでしのぶと鉢合わせた珠はしのぶから石坂の奥さんに頼まれて自分たちを尾行しているのかとの疑惑をかけられるが何とかやり過ごす

一方石坂の妻はわざわざ車の中で隠れて電話に出るなどの夫の不自然な行動に疑惑の念を抱き始めていた別のレストランで食事をとる石坂としのぶは再び口論になりしのぶは店から飛び出した

慌てて後を追おうとする石坂であったが店の外には妻と娘がおり不倫の現場を目撃していた妻は娘を置いて駆け出ししのぶを追うが逃げられてしまう珠は近隣の不穏な雰囲気に気付きベランダから様子をうかがった

救急車が止まっている外に飛び出し大家の話を聞くと石坂の妻が自殺未遂をしたらしい妻とともに救急車に乗ろうとする石坂に大家が娘を預かると提案するこのとき石坂は隣にいた珠に気付き認識する翌日駅の近くで珠は石坂に声をかけられる石坂は珠のことを不審に思い大家から珠に関する情報を聞き出していた

その場は何とか逃げ切るが携帯番号も知られており2人はカフェで落ち合うこととなる妻に依頼されて自分たちを尾行していたのかと問う石坂に対し珠は正直に論文のために尾行をしていたと告げるここで問題なってしまうと論文が執筆できないため困惑し論文に石坂の尾行記録を書かせてほしいと懇願する

状況がつかめない石坂に連れまわされ2人は居酒屋へ入るそこで珠は1人で歩けないほどに泥酔してしまう自分をタクシーに乗せようとする石坂に珠はキスをするはじめは拒絶していた石坂もスイッチが入ったのか2人はホテルへ向かう

流れに任せて行為に及んでしまいそうになった石坂の携帯に娘から連絡が入る我に返った石坂は落ち着き帰ろうとするそんな石坂に珠は自分の過去を話し始める

父の父の親友を好きになったその人物と行為に及んだ何かモヤモヤした気持ちがあってこの尾行を通してそのモヤモヤを解決できたらという期待

そんな話を聞いて一度はたまに強く反論する石坂だったが最終的には自分の尾行記録を論文に書くことを許可してホテルから去った

珠が帰宅すると恋人の卓也から自分たちが一緒にいる意味はあるのかと問われた尾行に熱中しすぎて恋人をないがしろにしてしまっていた2人の間にはすれ違いが生じがちになり卓也の中にそのような疑念が生まれるようになっていたのである

対象者と接触してしまったことを篠原に伝えた珠は尾行の対象を篠原に変更した恋人らしき人と買い物に出かける篠原彼とその恋人は映画中のところどころに登場していた母の病室に2人で訪問するシーンや駅で待ち合わせをするシーン恋人の手製弁当を嬉しそうに撮影するシーンなど

珠は論文をまとめ篠原に提出する珠の論文を好評価する彼であるが1つだけ間違っている箇所があるというそれを直すためにとチケットを珠に渡したそれは演劇のチケットだった

舞台に立つのは篠原の妻だと思っていた女性実は彼女は篠原が余命短い母を安心させるために雇った妻代行だったのである

他人の母の死に本気で涙する彼女を見て心惹かれる篠原は代行最後の日にまたいつか会えるかと問いかける微笑むだけで問に答えず指輪を返却する妻代行再び1人になった篠原はドアノブに縄をかけて自殺を図る

そこに珠が訪ねていきノックをする返事はなかった引っ越しの準備をする卓也が描いた自分の寝顔のスケッチを発見するスクランブル交差点で振り返る

そこには指輪をはめた篠原の姿があった

あなたは私をどう思っていたのか 私をどうしたかったのか 私は永遠に知らないという文字が浮かびエンドロールが流れる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク