【ネタバレ有】コクリコ坂から のあらすじ【まとめ】

邦画「コクリコ坂から」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
  • 公開日:
    • 2011年7月16日
  • 企画脚本宮崎駿
  • 原作高橋千鶴佐山哲郎
  • 監督宮崎吾朗
  • 声優
    • 松崎海長澤まさみ
    • 風間俊岡田准一
    • 松崎花竹下景子
    • 北斗美樹石田ゆり子
    • 広小路幸子柊瑠美
    • 松崎良子風吹ジュン
    • 小野寺善雄内藤剛志
    • 水沼史郎風間俊介
    • 風間明雄大森南朋
    • 徳丸理事長香川照之) ほか

あらすじ

祖母の家で下宿屋を開いている松崎海(劇中ではメルとも呼ばれている)毎日の日課で海へ旗をあげていたなぜなら海の父親が海で亡くなっているからだ

海は小さいころ航海から無事に帰ってくる父親を待つために必ず信号機をあげていた父親が亡くなってからも父の帰りを待つように日課として信号機をあげている

誰にも届かないメッセージだと思いきや同じ高校の1つ上の風間俊が海から毎日それを見ていたのだ風間俊は高校の新聞部(文芸部)部長だった

校内新聞に風間は海が信号機をあげていることを小さな記事にしたのだそれを海が見てどんな人なのか気になるところから始まる

風間が所属する新聞部はカルチェラタンという文化部の部室棟の中にあったそのカルチェラタンは明治の頃からある建物で学園の理事が取り壊すことを決めていた建物である

取り壊しに反対をするために水沼生徒会長と風間は校内の窓から近くの井戸のような水たまりに飛び込む

その現場にたまたま立ち会った海はそこで新聞部の風間と出会う海の妹の松崎空は風間の写真を手に入れサインをしてほしいのでカルチェラタンに一緒に来てほしいと海に頼むそこで海は風間と再会する

風間は井戸に飛び込んだ時に負った怪我で新聞を作ることが少し困難になっていた海は新聞のゲラ刷りを手伝うことに決め一緒に活動をしていくことで次第に風間に惹かれていく海と風間が互いに気になりだしたころ下宿をしていた北斗が家を出ることを決める

北斗のお別れ会を海の家でするときに海は風間と水沼も招待する風間は海の家で自分の父親の写真を見つける

風間は養子で現在の父親と母親とは血がつながっていない父親からは海の父親が本当の父親だと聞かされていたのだ同じ写真を海も風間も持っていることが分かり風間は生まれていた恋心に思い悩む

海は風間の父親のことは知らないから学校で風間と話そうとするしかし風間は海から徐々に離れていく

そのころカルチェラタンの取り壊しを反対する運動が校内で活発になってきていた

カルチャラタンを美しい建物に改修するために放課後に生徒が自主的に活動を行っていたもちろん海も参加していたのだが作業の時も風間にあからさまに避けられていることを感じショックを受けるある雨の帰りがけに海は風間にどうして避けるのかを問いただす

すると風間の口からは兄弟だという衝撃の言葉が告げられる恋をしているはずの人が兄かもしれないという事実を突きつけられ困惑した状態で家に帰るお風呂も入らず海は部屋で臥せっていた数日後海の母親がアメリカから帰ってきた母の顔を見て海は泣き崩れた

母は昔のことを思い出しながら海を抱きしめるすぐさま生みの母親は風間の義父に愛に行く

義父には本当のことを話した海が生まれてすぐ風間の本当の父親が亡くなったこと

風間の親族はみな戦争で亡くなっていたこと生まれたばかりの風間の引き取り手はだれもおらず海の父親は自分の戸籍に風間を入れたことしかし海が生まれてすぐで生活にも余裕がなかったことから仲間で子どもを亡くした夫婦のもとに何も言わず預けたこと

それを知った風間の義父は海の父も風間の本当の父もよく知っている船の仲間が近くに航海で立ち寄っていることを聞き風間と海をつれて行くそこで風間と海は真実を知り愛を深める

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク