【ネタバレ有】ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち のあらすじ【まとめ】

洋画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 少年ジェイクが祖父エイブの死をきっかけに、祖父から聞いていたミスぺレグリンと不思議な子供たちが住む家を訪ねる話。話を聞いていくうちにある重大な事実が判明し、それを解決するべく様々な困難に立ち向かう。
  • 公開日:
    • 2017年2月3日
  • 監督:
    • ティムバートン
  • 出演:
    • エヴァ・グリーン/吹替-朴璐美(アルマ・ルフェイ・ペレグリン)
    • テレンス・スタンプ/吹替-稲垣隆史(エイブラハム・”エイブ”・ポートマン)
    • ジュディ・デンチ/吹替-谷育子(エスメラルダ・アヴォセット)
    • エイサ・バターフィールド/吹替-宮野真守(ジェイコブ・”ジェイク”・ポートマン)
    • エラ・パーネル/吹替-花澤香菜(エマ・ブルーム)
    • フィンレイ・マクミラン/吹替-増田俊樹(イーノック・オコナー)
    • ローレン・マクロスティ/吹替-安藤瞳(オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ)
    • キャメロン・キング[15]/吹替-土師亜文(ミラード・ナリングス)ほか

あらすじ

アメリカに住む少年ジェイクは祖父のエイブから祖父が若いころに体験した不思議な話や怪物と戦ったウェールズにあるミスペレグリンとともに住んでいる奇妙な子供たちのことなどを小さいころから繰り返し聞かされていた

祖父の話を信じて熱心に聞いていたジェイクだったが周りの人にそんなものは嘘だといわれ次第に普通の少年に成長していく

あるエイブが突然何者かに襲われ両目を失いなくなるという不可解な死を遂げる

エイブが死ぬ直前に残したミスペレグリンに会えばすべてがわかるという奇妙な言葉を聞き祖父の言葉を信じ祖父の資料などを頼りにある島を訪ねたジェイク

初めはボロボロになった建物が見つかりそこには誰も住んでいないことを聞かされ一度は落胆したジェイクだったが次の日に同じ場所を訪れてみるとそこには時間をループする空間が作られておりエイブが言っていたようにミスペレグリンと奇妙な子供たちの暮らす屋敷が存在した

ミスペレグリンやその子供たちに歓迎されて楽しい時間を過ごしていたジェイクだがミスぺリグリンやそこに住む子供たちから話を聞いていくうちに子供たちやミスぺレグリンなどの異能者たちが危険にさらされていることを知る

その原因は悪の異能者たちにありホローガストと呼ばれる彼らがワイトやホロウという怪物たちを使って子供たちの目を食していることを知る

初めてホロウを見たジェイクは祖父のエイブが話してくれた怪物と同じであり祖父もまたこの怪物に殺されたことを確信するそしてこの怪物が見えるのは自分だけだと知り自分も奇妙な子供たちの仲間であることを自覚する

そして悪の異能者のリーダーであるバロンを倒すべくミスペレグリンや奇妙なこどもたちと協力して様々な仕掛けを作りホロウやバロンを倒すことに成功する

そしてジェイクはバロンを倒した自分の世界に戻るがこの冒険の中で奇妙な子供の一人であるエマのことが忘れられずにいたジェイクとエマは一緒に過ごすうちにいつのまにかお互い恋におちていたのだ

バロンを倒したことで祖父のエイブにもう一度会えることになったジェイクはこのことをエイブに相談した

するとエマと一緒になることを進めてくれたためジェイクは軍隊に入ったりと様々な訓練を積み重ねながら長い年月をかけて奇妙な子供たちの住む世界の時間に追いつきついにエマ会うことができたのだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク