【ネタバレ有】ブリジット・ジョーンズの日記 のあらすじ【まとめ】

洋画「ブリジット・ジョーンズの日記」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 全世界でベストセラーになったヘレン・フィールディングの同名小説の映画化。ロマンティック・コメディ。主演はアメリカ人のレネー・ゼルウィガーだが、見事にイギリス人を演じている。
  • 公開日:
    • 2001年9月22日
  • 監督
    • シャロンマグアイア
  • 出演者役名
    • レネー・ゼルウィガーブリジット・ジョーンス
    • コリンファースマーク・ダーシー
    • ヒューグラントダニエルクリーヴァー
    • ジムブロードベントコリンジョーンズ
    • ジェマ・ジョーンズパメラ・ジョーンズ
    • エンベス・デイヴィッツナターシャ
    • シャーリーヘンダーソンジュード
    • サリーフィリップスシャザー
    • ジェームズキャリストム
    • クレアスキナーマグダ
    • セリアイムリーウナおばさん
    • ジェームズフォークナージェフリーおじさん) ほか

あらすじ

ロンドンの出版社に勤めるブリジット32歳独身

ダイエットに夢中だけれどタバコとお酒はやめられない現在特定の彼氏はいないが友人のシャザージュードトムはいつでもブリジットのそばにいてくれ何でも話せる仲間

両親の家で開かれた新年パーティーに参加ブリジットは母親パメラからマークを紹介される幼い一緒に遊んでいたそうだがブリジットは全然覚えていない彼はバツイチの弁護士で外見や性格からのお互いの一印象は決して良いものではなかったブリジットは新年を機に日記をつけ始める

勤め先の出版記念パーティーでブリジットは司会を務めるがドジをしてばかり以前から気になっていた上司ダニエルから食事に誘われるダニエルから実はマークとはケンブリッジ大学の同期でマークに恋人を寝取られた過去があるとブリジットに告げる

二人は一夜を共にその後もいい感じで続くと思いきや女たらしのダニエルにはすでにアメリカ人の婚約者がいたのだショックを受けたブリジットは会社を辞めテレビ局のリポーターとなる

リポーターとしてなかなかの評判を得たブリジットある友人主催の夕食パーティーに参加するブリジット以外はみんなカップルでの出席

マークも同じ弁護士の彼女を連れていたそこで独身でいることの嫌みをさんざん言われ落ち込む帰り際マークから君が好きだ思わぬ告白をされるマークのおかげである独占インタビューをゲットできたブリジット二人は急接近するブリジットの33歳の誕生日

マークが訪ねてきて夕食を一緒に作る仲間も祝福にやってきて和やかに時が過ぎていたところにダニエルが現れる婚約者とは別れた悪かったもう一度やり直したい告白する

マークはかねてよりダニエルが嫌いだったのもあり二人は大げんかをするどちらともつき合えないとブリジットは決断をするクリスマスに実家に帰省した母パメラからマークの元妻を寝取ったのがダニエルだと聞かされるダニエルの嘘に気づいたブリジット

マークの両親主催のパーティーに出席するブリジット親子マークの父親がマークの婚約とアメリカ行きを発表すると参加者から歓声が衝撃を受けたブリジットは思わず優秀な人材を失うのはイギリスにとって残念なことでなどと変なことを口走る

しかしマークにはブリジットの気持ちが通じたのだマークは渡米行きをキャンセルしブリジットの家へ向かうブリジットの日記が目に入ったマークは目を通すと突然出て行ってしまう

雪の下着姿にコートという出で立ちであわててマークを追うブリジットマークはただ新しい日記を買いに行ったのだった

人目も気にせず雪の降りしきる街中で抱きしめ合う二人

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク