【ネタバレ有】ソング・ストリート のあらすじ【まとめ】

洋画「ソング・ストリート」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 80年代、不況のダブリンで、親に底辺学校に転向させられたひとりの少年がひとりの女の子の気を引くために学校を巻き込んでバンド活動を始める話。
  • 公開日:
    • 2016年7月9日
  • キャスト
    • FerdiaWalsh-Peelo(ConorCosmoLalor)
    • LucyBoynton(Raphina)
    • BenCarolan(Darren)
    • PercyChamburuka(Ngig)
    • ConorHamilton(Larry)
    • KarlRice(Garry)
    • JackReynor(Brendan)
    • IanKenny(Barry) 他

あらすじ

1980年代のダブリンで不況の煽りを受けた一般家庭の主人公コナーはそれまで通っていた高校を辞めキリスト系の高校に編入させられる

転校先は教師の暴力が容認されているようないわゆる底辺校さっそくのいじめや教師の無茶ぶりに困惑しながらも学校生活を続ける中で掃き溜めの中に一羽のとでも言うような美少女と出会う

それがヒロインであるラフィーナモデルを目指しているという彼女の気を引くためにバンドをやっているミュージックビデオに出演して欲しい頼む彼女は意外にも乗り気になってくれたが別れたあとさてバンドを作らなくちゃ焦るコナーであった

同級生のダーレンに紹介してもらったのは音楽好きのエイモン彼に提案を行うと彼の家には機材が揃っている練習ならここでやればいいという

エイモンをギターに加えたダーレンの提案で同じ学校に通う黒人のキーボーディストンギグを誘うその後学校に張り出したメンバー募集の張り紙を見てラリーとギャリーがドラムとベースで加入する

こうしてバンドソングストリート(コナーたちの通う学区の名前)」完成した早速練習を始めるがなかなかうまくいかない音楽マニアのブレンダンにアドバイスを求めながら悪戦苦闘するコナー達

ようやく完成した音源をラフィーナに渡し当日撮影場所で待ってる伝える音源が良かった行く答えるラフィーナ結論から言うと彼女は撮影場所に現れる

ソングストリートの最初のファン誕生であるそしてミュージックビデオの撮影が始まったのだった一度大苦戦をしたものの少しずつ慣れて行くソングストリートのメンバー達

ミュージックビデオの撮影には必ずラフィーナも来てくれていたラフィーナに恋心を抱いているコナーだったがラフィーナには年上の恋人がいた

あまりうまくいってはいないようなものの自分では子供すぎるかも知れないと悩みその思いを音楽活動にぶつけていく

学校のプロムでついに初ライブを行い成功を収めたソングストリートだったがそこにラフィーナは現れなかった彼女は恋人に捨てられそのショックの勢いでロンドンに旅立つことを決めていた

それを聞いたコナーは最後にミュージックビデオに出て欲しいと伝えラフィーナはそれを了承する音楽活動に没頭するコナーを見てラフィーナも心が揺れ動きミュージックビデオの撮影中のアクシデントの中でコナーとキスをする

思いが通じ合った二人はやがて不況のダブリンを抜け出し二人でロンドンに行こうと画策する

ブレンダンの助けを借りて祖父母のモーターボードで海に出た二人この先の二人の新しいロンドンでの生活を夢見て

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク