【ネタバレ有】予告犯 のあらすじ【まとめ】

邦画「予告犯」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 法では裁けない悪者をネットを通じて予告殺人を行い実行する新聞紙を被った予告犯と、その犯人を追う女性刑事の物語です
  • 公開日:
    • 2015年6月6日
  • 監督:
    • 中村義洋
  • 出演者:
    • 生田斗真(奥田 宏明 / ゲイツ)
    • 戸田恵梨香(吉野 絵里香)
    • 鈴木亮平(葛西 智彦 / カンサイ)
    • 濱田岳(木村 浩一 / ノビタ)
    • 荒川良々(寺原 慎一 / メタボ)
    • 宅間孝行(岡本 大毅)ほか

あらすじ

警視庁のサイバー犯罪対策課の女性刑事吉野絵里香はネットで殺人予告をする新聞紙を被った男を追っていました

新聞紙の男は実際に食中毒を起こし反省の色の無いアジサン・フードの工場を燃やしましたそして性犯罪に巻き込まれるのは女も悪いネットで炎上させた男を監禁しお尻にあらぬものを押し込みました

次はコンビニでゴキブリを揚げた男に実際にゴキブリを揚げ食べさすという予告と実行を行いました

また新聞紙の男はアジサン・フードの火災では現場でニュースに新聞紙を被って映るという挑発も行いました吉野はネットカフェから投稿されていることを突き止めネットカフェを操作しますが手掛かりはつかめませんでした

そのころシンブンシは30代の男性の会社の面接の様子を動画でアップし馬鹿にした田端に制裁を加えると予告しましたこの動画が吉野らは埼玉県から投稿されてるとつかみ操作しましたが東京から発信され埼玉は中継でした完全に翻弄されている吉野でした

そして田端をバットで殴る制裁が加えられネット中継されましたシンブンシと呼ばれる予告犯の奥田は数年前まで会社に派遣社員として働いていました

しかしその会社は派遣いじめがひどく奥田は耐えられず辞めましたそして職業安定所で職を探しているものの見つからず日雇い作業員として働くことになった現場で同じような境遇の4人と出会いました

関西弁の葛西はカンサイと呼ばれニートの木村はノビタ太った寺原はメタボフィリピンから父親を捜しに来たネルソンはヒョロとそれぞれ呼ばれましたITに強い奥田はゲイツと呼ばれました5人は違法な産業廃棄物の現場で働いていましたがヒョロが病気で死亡しました

その死体を現場の社長が埋めろ言ったため4人は社長を殺しましたそしてゲイツがやりたいことがあると言って予告犯の話を3人が賛同しました

予告犯でにぎわうネット上に模倣犯も現れ始めましたすると匿名での掲示板や投稿を法律で禁止する法案を作ると設楽木議員が言い始めましたするとシンブンシは設楽木議員を抹殺すると予告しました設楽木議員は殺されはしませんでしたが彼の不正をネットで暴かれ議員生命を絶たれました

そのころ吉野らはネットカフェを突き止めました聞き込みに来た吉野らに気づき奥田は逃げます逃げて素知らぬ顔で吉野と奥田はすれ違いますその吉野はシンブンシだと気付き追いかけます下水道の中で吉野は取り逃がしました最後の予告がアップされましたメンバー全員死ぬというものでしたそしてネット上で全員の顔を映しだし青酸カリを飲み倒れました

その現場を見つけ吉野らは到着しましたすると3人は息を吹き返しました奥田だけ死んでいましたそして録画された動画がありました奥田に3人が脅かされてるものでした3人は奥田に脅かされてやったと供述しました

実は初めから奥田が罪を全てかぶり3人は脅かされていたという口裏を合わせていたのでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク