【ネタバレ有】すべては愛のために のあらすじ【まとめ】

洋画「すべては愛のために」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 慈善活動をするアンジェリーナ・ジョリーが情熱をかけた一作。
      裕福に暮らす女性サラを演じ、途上国の現実を目の当たりにし、力強くその問題に対して活動していく女性を演じる。
  • 公開日:
    • 2003年12月20日
  • 監督:
    • マーティンキャンベル
  • 出演俳優:
    • アンジェリーナ・ジョリー(サラジョーダンボーフォード)
    • クライヴ・オーウェン(ニックキャラハン)
    • ヘンリーボーフォード(ライナス・ローチ)
    • エリオット・ハウザー(ノア・エメリッヒ)

あらすじ

お金持ちのサラは不自由ない生活を送る

夫のヘンリーはビジネスで成功した億万長者であるある家族が主催しているチャリティパーティに参加する

サラ自体にチャリティの知識はなく社交界の一部として参加する程度であった参加者は豪華なドレスとジュエリーで華やかに着飾りまたサラも同じであった参加者がスピーチを続けるある男性がパーティに乱入する

その男性の名前はニック途上国で医師として活動しておりこの華やかなパーティの空気を壊しにきたのであるその理由はこのパーティのような豪華さと比べ物にならないくらい途上国は疲弊し困窮していたからである

寄付金の多くが無駄な用途に使われており実際は途上国の市民がそのお金で救われることは皆無であると暴露しにきたのである

その証明としてエチオピアの難民の青年を参加者の前に晒すのであったその少年は痩せ細り栄養失調の特徴である大きなお腹を抱えているのであったニックはパーティー会場にあったバナナを手に取りこのバナナ一本でこの少年は栄養過多で死んでしまうだろうと言うのであった

参加者はニックの荒手のアピールに慣れていて知らんぷりをしてけなすのであった冷ややかな笑い声のニックは警備員によって連れ出されるサラはその光景にショックを受ける

翌日のニュースで同伴していたエチオピアの少年があの会場から一人で逃げ出し冷たい道路の上で孤独に亡くなったことをサラ知る強い正義感と使命感そして悲しみに包まれたサラはいてもたってもいられなくなりニックが活動するエチオピアに向かうのであった

サラは食料を自費で買い込みトラックに乗せてエチオピアに現地入りするニックはサラを出迎え感謝するがサラが香水をつけ高級品に溢れる真っ白な洋服を着てきたことに難を示す

君は何もわかっていないといい窓の外をみろと言う窓の外には飢えで死にかけている子供が野生の鳥に食べられそうになっていたのであったサラは走り出し子供を救う

しかしその周りには大勢の人々が飢えに苦しみサラを取り囲むサラは自分が何も知らずに来てしまったことを後悔し自国であるイギリスに戻るサラは国連機関に勤めだし難民救済活動に取り組むサラの持ち前の社交性が成功し昇進していたのであった

一方ニックは国政によりエチオピアを追い出され紛争状況が続くカンボジアに赴くカンボジアでは予想以上の混戦状況で支援物資が奪われニックは困っていたそこにサラが赴きニックを助け出す二人は愛を確かめ合うがお互いの状況が二人を突き放すのであった

その後ニックは行方不明となりサラは再びさらなる困難へ立ち向かうためチェチェンへと足を運ぶのであった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク