【ネタバレ有】ハリーポッターと賢者の石 のあらすじ【まとめ】

洋画「ハリーポッターと賢者の石」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • ハリーポッターと仲間たちが魔法使いの世界で冒険する
  • 公開日:
    • 2001年12月1日
  • 監督:
    • クリス・コロンバス
  • 役者:
    • ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)
    • エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)
    • ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)ほか

あらすじ

 主人公のハリーポッターはいとこのダーズリー家で過ごしていたあるハリーのもとに一通の手紙が届くその手紙の内容はホグワーツ魔法魔術学校への入学許可証だった数日後ハリーのもとにハグリットという人がやってきて一緒にホグワーツに向かうホグワーツに向かう途中にハリーの入学の買い物をするためダイナゴ横丁というところにいくそこはたくさんの魔法使いがいたそしてそれらの魔法使いはハリーのことを見るとみんな挨拶をして来たり握手を求めてきたりとハリーのことを知っていたそれを不思議に思ったハリーはハグリットに理由を聞くとハリーの小さい時の出来事を聞かされる

 ヴォルデモートという闇の魔法使いがいてたくさんの魔法使いを殺していたヴォルデモートに命を狙われて助かった者はいなかったハリーの両親も命を狙われて殺されてしまったしかし当時赤ちゃんだったハリーだけがヴォルデモートに命を狙われながらも魔法を跳ね返し助かったなのでハリーは生き残った男の子と呼ばれていて有名であった

 ハリーは杖など入学に必要なものを買い汽車で学校に向かう電車の中でハーマイオニーという女の子とロンという男の子に出会い友達になる学校についたハリーたちはグリフィンドールという寮にはいることになり校長先生のダンブルドアやたくさんの仲間に出会い魔法学校での新たな生活がスタートする

 そんなハリーたちは賢者の石というものの存在を知る賢者の石は手に入れれば不老不死を手に入れることができるハリーたちは賢者の石のことをハグリットに聞きに行こうとしたところ先生にばれてしまい罰として暗黒の森に行くことになるそしてその中でハリーは化け物に襲われそうになるがケンタウロスに救われるそこでヴォルデモートが賢者の石を狙っていることを知るハリーたちは賢者の石が狙われていることを先生に相談するが相手にしてもらえず自分たちで賢者の石を見つけて守ることを決める

 しかし賢者の石が隠されている場所までの道は厳しく途中でロンがけがをしてしまいロンとハーマイオニーをおきハリーが一人で向かうことになるやっとのことで賢者の石にたどり着いたと思ったらもうそこにヴォルデモートがいたヴォルデモートは寄生虫のような姿でホグワーツの先生の一人に寄生していたハリーは賢者の石を守ろうとしてヴォルデモートに襲われるが間一髪のところで助かり賢者の石は無事だった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク