【ネタバレ有】美女と野獣(フランス版) のあらすじ【まとめ】

洋画「美女と野獣(フランス版)」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • ディズニーの美女と野獣で有名な物語は実はフランスで生まれた言い伝えである。そのフランスで実写化となった映画である。原作に忠実に従い再現した作品でディズニーとはまた違った作風が楽しめる。
  • 公開日:
    • 2014年11月1日
  • 監督:
    • クリストフ・ガンズベル(レア・セドゥ)
    • ヴァンサン・カッセル(野獣)
    • イボンヌ・カッターフェルト(プリンセス)
    • ニコラス・ゴブ(マキシム)
    • アンドレ・デュソリエ(商人)
    • エドゥアルド・ノリエガ(ペルデュカス)
    • ジョナサン・ドマルジェ(ジャン=バチスト)
    • ニコラス・ゴブ(マキシム) ほか

あらすじ

主人公のベルレア・セドゥ家族で仲良く暮らしていた商人である父親アンドレデュソリエ兄姉と共に暮らしていた

ある一家は破産してしまい郊外へ暮らすこととなるベルは社交界の華やかな生活が自分には合わないと思い家族との時間が過ごせるなら田舎の方が良いとポジティブに考えていたのであった

しかし兄弟は貧しい暮らしに耐えきれずにいたのであったその後父親は仕事の立て直しをするために長男のマキシムニコラス・コブ港町に向かう

しかし港町に向かうと街の借金取りペルデュカスエドゥアルド・ノリエガ追いかけられ逃げ出す結果となってしまうのであった

逃げ出す途中ものすごい吹雪で父親は遭難してしまう歩いていくと見知らぬ城に着いたのであった城内には食事や必要なものがなぜが用意されているのである父親はそれらを持ち帰ろうとするその庭に咲く薔薇をベルに持ち帰ろうとする

その途端野獣に襲われ気を失ってしまう気づくと城の中に閉じ込められる野獣は父親に交換条件を出すのであった

時期ベルは父親を心配し馬を走らせる馬は父親を乗せずに一人で帰ってきたからである来た道を戻らせベルは父親の行方を追うそうすると城に着き野獣に出会う

野獣はベルにも同じような交換条件を出すのであったベルは決意し父親の代わりに自分がこの城で暮らすことを約束する父親は家に戻りベルに助けを出そうと必死に行動するのであったベルはある野獣に1日だけ家に戻り家族に会いたいと懇願する

ベルの父親が病気になってしまったからである野獣はベルを信頼しており外出の許可を出すベルは家に戻り看病をするのであったベルのドレスからマキシムが宝石を見つけたことをきっかけに街の賞金稼ぎペルデュカスが野獣の城へ向かってしまうのであった

野獣は必死にベルを守るが殺すことを避けた結果負けそうになってしまうそのベルは自分の命をかけて野獣を救おうとするその瞬間野獣は力を取り戻し本当の愛によって元の姿に戻るのであった野獣の姿は過去に大切な恋人を自分の欲望によって亡くした結果でありベルの本当の愛によりその魔法は解けたのであった

この結末に導いたのは野獣の大切な恋人である王女であり王女イボンヌ・カッターフェルト野獣が元の姿に戻れるようベルに願いを託したのであった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク