【ネタバレ有】17歳のカルテ のあらすじ【まとめ】

洋画「17歳のカルテ」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 主人公であるスザンナはある出来事で医者から精神病を診断され、街の精神病院へ入院することになる。その病院では様々な少女が治療をしているのであった。スザンナは少女たちと出会い、自分の人生を見つめ直していく
  • 公開日:
    • 2000年9月2日
  • 監督:
    • ジェームズ・マンゴールド
  • 出演:
    • ウィノナ・ライダー(スザンナ・ケイセン)
    • ジェリーナ・ジョリー(リサ・ロウ)
    • ブリタニー・マーフィ(デイジー・ランドネ)
    • ウーピー・ゴールドバーグ(ヴァレリー・オーウェンス)

あらすじ

主人公のスザンナはある出来事をきっかけに両親に精神科での診断を勧められ病院へ向かうその出来事とは大量の酒と睡眠薬を飲み手首を切ってしまったこと

死ぬつもりはなくこの世界から一時的に離れてしまいたいという単純な気持ちが彼女をそうさせたのだった両親は娘の状態を重く受け止め精神科への入院の手続きを身勝手にしてしまうのであったスザンナは逆らう権利もなく入院させられてしまう

私は頭なんかおかしくないのにとスザンナは早く退院してしまおうと心に決めるのであったタクシーに乗り込み精神病棟へむかう病院につくと院長であるヴァレリーウーピー・ゴールドバーグ優しく出迎えるあなたはここに長く居てはダメよだけど楽しんでリラックスして治療してよくなってねとスザンナに謎めいた言葉をかける

精神病棟へ入ると複数人の少女たちが入院病棟の部屋にいるのであった病棟は相部屋でスザンナもまた同じくそうであった妄想癖の少女嘘つきの少女暴力的な少女様々な少女にスザンナは会うこととなるその中でも一際目立つのがリサアンジェリーナ・ジョリーであった

リサは反社会的な行動を楽しみ周囲を独占的に服従させていたスザンナはリサに対して恐怖心を持つようになるしかしリサと日々時間を過ごすと彼女の才能や魅力にスザンナも取り込まれていくのであったあるリサはスザンナに一緒に病院を抜け出そうと持ちかける

退院した少女に会いに行こうというのであったスザンナは軽い気持ちで病院を脱走するしかしリサが退院した少女に嫌味を言いにいくだけが目的だったのだと知ると病院へ一人で戻ることとなるリサはその数日後に警察に連れられ病院へ戻る

スザンナは自分が病棟に馴染みリサに取り込まれ自分自身を見失っているのではないかと思い日記をつけ始めるある病棟の少女で遊んでいるとリサがその日記を暴露し始めるスザンナはリサから逃げ惑うスザンナはリサに私はここには長くいないつもりだと伝えあなたは一生出られないと諭すリサは自分は狂ってない自分も外に出て生活できるはずなのにと涙を流す

リサが一番辛い部分をスザンナに言われてしまったのであったどの少女も長い病棟生活に慣れてしまい自分を見失っていたのであったその出来事をきっかけにスザンナは自分自身を客観的に見つめられるようになり退院するのであった

社会にいたくないと思うなら自分を変えればいいのだということを学んだのであった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク