【ネタバレ有】ユー・ガット・メール のあらすじ【まとめ】

洋画「ユー・ガット・メール」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • メグ・ライアン演じるキャスリーンはあるサイトで見知らぬ男性と連絡を交換する。その男性と意気投合するが顔も名前も知らないのであった。キャスリーンは実際に会おうと試みる。温かい気持ちになるラブコメディ作品
  • 公開日:
    • 1999年2月11日
  • 監督:
    • ノーラ・エフロン
  • 出演者:
    • トム・ハンクス(ジョー・フォックス)
    • メグ・ライアン(キャスリーン・ケリー)
    • グレッグ・キニア(フランク・ナバスキー)
    • パーカー・ポージー(パトリシア・イーデン)ほか

あらすじ

キャスリーンメグライアンニューヨークの街で地元密着型の絵本専門店街角の小さな本屋さん経営している

家族代受け継がれたサービスは地元の市民に大人気であるキャスリーンの密かな楽しみはインターネットで偶然であったNY152という男性と本のこと日常のこと毎日話すことであった

そんなある店の近くに大手の書店フォックスブックスできることを知る豊富な在庫広い店内画期的なアイデアが詰まったサービス圧倒的に負けてしまうことを知ったキャスリーンは街からその書店を追い出す活動をするのであった

地元のお店こそが大事でありチェーン店はいらないというプラカードを掲げる日々であったしかし日にちが経つにつれ常連だったお客さんまでもそのチェーン店が経営する書店に足を運び常連となってしまっていたキャスリーンは意を決してそのお店に足を運ぶのであった

その店内には想像とは違いお客さん目線と行き届いたサービスの工夫がされていたキャスリーンはこれは本を愛する人にしかできない仕事であり自分が今までで一番大切にしてきたことだと感銘を受けると共にショックを受けたのであった

その書店のオーナーこそがジョーフォックスである家族で代々続く書店を独自の切り込み方で再度繁栄させたやり手であるジョーはあるキャスリーンの店を訪ね会話をする

ジョーはキャスリーンの豊かな知識と経験を自分の店で働くことによって手に入れたいと考えていたのであるキャスリーンは猛反発し店を出るのであった

キャスリーンは落ち込みその間相談していたNY152男性と会うことを決めるキャスリーンは待ち合わせ場所のお店でその彼を待つしかしいつまで経っても彼は来ないのであった

その代わりに来たのがジョーであったキャスリーンは恥ずかしさゆえにそこから逃げようとする自分がそんなことで見知らぬ男性を待っていることを知られたくないからである

しかしジョーは引き止め話をするのであったジョーは実はNY152であり途中からそのことに気づいたジョーはキャスリーンに真実を話せずにいたジョーはキャスリーンにもう一度会うように促すのであったキャスリーンは店を後にしてNY152彼に連絡をするのであった

キャスリーンはジョーにいろいろな相談を乗ってもらいいつしか心を開いていたしかしジョーと見知らぬNY152存在に心迷わせるのであった

ジョーはキャスリーンにNY152として連絡し正体をばらすのであった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク