【ネタバレ有】アヒルと鴨のコインロッカー のあらすじ【まとめ】

邦画「アヒルと鴨のコインロッカー」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 大学進学を期に引っ越してきた主人公・椎名は、隣の部屋に住むミステリアスな青年・河崎から本屋襲撃を手伝ってほしいと言われる。
      その裏には、2年前の事件が関わっていた。伊坂幸太郎ミステリー小説の映画化。
  • 公開日:
    • 2007年6月23日
  • 監督:
    • 中村義洋
  • 原作:
    • 伊坂幸太郎
  • 出演:
    • 濱田岳
    • 瑛太
    • 関めぐみ
    • 松田龍平
    • 大塚寧々 ほか

あらすじ

大学進学を期にアパートへ引っ越してきた主人公椎名

ボブディランの風に吹かれて口ずさみながら片づけをしていると背後から声をかけてくる人物がいたアパートの隣の部屋に住むその男は河崎と名乗った

不思議な雰囲気を持つ青年河崎は椎名を自分の部屋へ招き入れ様々なことを語るボブディランの声は神の声だ隣の隣はブータン人だブータン人留学生のドルジに広辞苑を贈りたい本屋を襲撃して広辞苑を盗む話についていけない椎名を連れて河崎は本屋襲撃を実行する襲撃実行の椎名と河崎は車で本屋の前へ河崎が店内に入り椎名は裏口で見張った

しばらくして無事出てきた河崎が手にしていたのは狙いの広辞苑ではなく広辞林だった間違いをさほど気にしていない様子の河崎に椎名は疑問を感じていた

ある椎名の大学にペットショップ経営者の麗子が現れる麗子が語った内容は椎名にとって衝撃的な事実だった

河崎という人物はすでにこの世にいないということ椎名が河崎だと思っていた人物はブータン人留学生のドルジだったということ河崎とドルジそして2年前に亡くなった琴美という人物がいたこと椎名は本屋襲撃の裏に隠された2年前の事件を知る2年前ドルジたちの周辺では動物虐待事件が勃発しており麗子のペットショップで働く琴美はこの事件に心を痛めていた

そんなあるドルジと夜道を歩いていた琴美は動物虐待の現場を目撃する正義感から犯人3人組に食ってかかる琴美だったが犯人達に追われドルジに促されてその場を逃走するしかしその際に身分証を落としてしまい犯人達に身元が割れてしまったその後琴美に対する嫌がらせが頻発し心身ともに追い込まれる琴美

ドルジと河崎はそんな琴美を守り励まし続けた嫌がらせの電話が鳴った音声の後ろからボーリングの音がすることに気付いた琴美は決着をつけるべくボーリング場へ向かう警察に通報されたことを察した犯人達は車で逃走を図るが道に立ちふさがった琴美を轢き殺してしまう

犯人たちはそのままトラックに追突し3人中2人は死亡残る1人に復讐を果たそうとするドルジと河崎だったがHIVに感染した河崎は復讐計画の半ばで命を落としてしまう1人になったドルジは復讐を諦めなかった生き残った犯人が本屋で働いていることを突き止めたドルジは本屋襲撃の際に犯人を捕らえ生きながらに気に縛り付けて鳥葬にしようとしていた

ドルジの後をつけていき現場を目撃した椎名と麗子によって復讐劇は幕を引くこととなったその後椎名は家庭の事情で故郷に帰ることとなる

出発の駅まで見送りにきたドルジに自首を勧める麗子椎名はボブディランのCDを流したデッキをコインロッカーに入れ神様に見て見ぬふりをしてもらおう告げる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク