【ネタバレ有】ビリギャル のあらすじ【まとめ】

邦画「ビリギャル」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 高校二年生のさやかは、学年でビリのギャルだった。
      このままだとマズイ!と考え、塾へ。そこで坪井という塾講師と出会い、慶応大学を目指すことに。
      そして見事合格する物語をかいた映画で、ノンフィクションだ。
  • 公開日:
    • 2015年5月1日
  • 監督:
    • 土井裕泰
  • 出演者:
    • 工藤 さやか(有村架純)
    • 塾長坪田先生(伊藤淳史)
    • 工藤 あかり(吉田羊)
    • 工藤 徹(田中哲司)
    • 森玲 司(野村周平)
    • 高校の担任(安田顕) ほか

あらすじ

高校二年生のギャルで学年びりな工藤さやか母は専業主婦で父親は野球の監督

弟と妹がいるそんなさやかは学校でタバコが見つかり学校から退学を求められるようなギャルだったある母親から塾をすすめられその塾へ行くことに

そこで塾講師坪井と出会う仮テストをするが聖徳太子のことをせいとくたこ読んだりするさやかの頭脳は小4レベルだったのだ

さやかはそのとき坪井とあることを決意した慶応大学へ行く個別指導性の塾だったため小学校のドリルから始めるさやかだった徐々に頭がよくなあるさやか夏休みは友達と遊ぶ予定を数多くいれていたが勉強にしかし遊びたいためにカラオケで勉強したりとさやかなりに勉強したのだったそんなさやかの姿に応援する友達

しかし父親は弟の野球へ依存しておりさやかを馬鹿にするだけだった学校でも担任にいうと受けるわけないだろ言われるしかしこつこつ勉強を続け頭脳は高1レベルに覚えれない日本史には漫画をつかったり坪井もすごく応援していた慶応大学は私立でお金がかかるため母親は夜も働きにでることに

それをいうのは妹だけだったがさやかはそのところを見ていたのだったそのことを機にさやかは受験終了まで友達と遊ぶことをやめたそこからもさやか勉強を努力しとうとう慶応大学の過去問をするまでにしかし模試をしてみると慶応大学はE判定さやかは焦り挫折する

そんな重なるように野球で優秀な弟が練習を休みはじめ父親が怒り家族もバラバラにたくさんのことが重なる塾でさやかはついに志望校のレベルを下げる宣言坪井からじゃあ辞めれば言われさらに落ち込んださやかは雨の母が働くところへ歩いて行ったのだったそこで母親と話し勇気つけられさやかは勉強再開

しかし弟がぐれ始め野球部を辞めていることが発覚父親と激しい喧嘩が勃発し弟はとうとう出て行ったそんなさやかは母親と慶応大学内の見学へそこで慶応の学生が輝いている姿を見て慶応大学へ行くことを再び決意

あるさやかが家に帰ると父親が野球道具を燃やし弟に気が済んだからお前の好きにしたらいいそう言ったのだったそのときにさやかは模試結果を見せたそこには慶応文学部 C判定書いてあった

なんとさやかは日本史の偏差値を50もあげ英語に関しては偏差値70を上げていたのだったそしてさやかは慶応大学の文学部そしてそれ以上に難しい総合政策学部を受けることにそれからいうもののさやかは勉強し続けた受験日は雪で焦ったが父親が送ってくれることに

しかし受験をしているとおなかが痛くなり下痢に襲われてしまう何回もトイレ行く受験のさやかは焦っており得意分野だったが落ちるだろうと思っていた結果発表の

さやかが得意としていた教科がつまった文学部は落ちていたのだったさやかはこれで絶対受からないと思っていたが期待していなかった総合政策学部にみごと合格こうしてたくさんの支えがありさやかは慶応義塾大学に合格するという夢を果たしたのだった

これが学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格したという実話だ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク