【ネタバレ有】ROOKIES-卒業- のあらすじ【まとめ】

邦画「ROOKIES-卒業-」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 二子玉川高校の野球部に所属する安仁屋達は3年生となり念願である甲子園を目指す。
      新入生の赤星はキャプテン御子柴の体を張った説得によりチームに加わる。
      次々と奇跡を起こした彼らは川藤に感謝の言葉を伝える。
  • 公開日:
    • 2009年5月30日
  • 監督:
    • 平川雄一朗
  • 出演:
    • 佐藤隆太(川藤幸一)
    • 市原隼人(安仁屋恵壹)
    • 小出恵介(御子柴徹)
    • 城田優(新庄慶)
    • 中尾明慶(関川秀太)
    • 高岡蒼甫(若菜智哉)
    • 桐谷健太(平塚平)
    • 山本裕典(赤星奨志) ほか

あらすじ

不良高校である二子玉川高校野球部の安仁屋達は3年生となり夢の甲子園を目指し練習に励んでいた

新入生の濱中太陽は自分を守ってくれたという平塚のいる野球部へ入部してくるしかし平塚は赤星を守ったつもりはなかった

勘違いをしている濱中に対し嘘を重ね濱中はそれを信じていたある平塚はグラウンドに安仁屋のユニフォーム背番号1を着てくる

さらにはベンチは桧山だと言ったことでグラウンドで平塚vs桧山の勝負が始まるその勝負を見た濱中は平塚が今までいっていたことは嘘だったと気づく

桧山へ投じた平塚の最後の1球で空振りを奪うが濱中は真実を知って言葉が出ないそこへ期待の新人赤星が登場するしかし赤星は練習はへたくそのすることいって練習に参加しない

他の部員たちは赤星を良く思っていなかったがキャプテンの御子柴は赤星を追うと彼は大学のグラウンドで練習をしていたその姿を見た御子柴は練習に参加するよう説得するが赤星は聞き入れないある赤星のたばこが不良生徒に当たり襲われそうになる御子柴は赤星を守るために身代わりになり大怪我をしてしまう

部員に怪我の理由を聞かれても御子柴は決して話そうとはしなかったが1人でいると涙が込み上げてきた御子柴に怪我をさせてしまったと思った赤星はそれから練習に参加するようになった御子柴の存在により自分を見つめなおすようになった夏の甲子園予選が始まり安仁屋ら二子玉川高校は順当に勝ち上がる

決勝戦で最大のライバル笹崎高校と対戦する笹崎のエース川上と安仁屋と過去に対戦したこともあり安仁屋は笹崎戦に闘志を燃やす笹崎戦で苦戦を強いられる二子玉川高校にさらなる不運が起きる

キャッチャーの若菜がバッティングの際に指を負傷するそれを隠してプレーを続けるが異変に気付いたチームメイトが交代を促すそれを聞かない若菜だったがチームの為にと交代を了承する変わりに入るのは怪我が回復しつつあったキャプテンの御子柴

これを機に二子玉川高校は次々と奇跡を起こし見事甲子園出場を果たす甲子園を終え3年生の安仁屋達は卒業を迎える3年生達はグラウンドに並び今までお世話になった監督の川藤に感謝の言葉を伝える

川藤に教えてもらったこと部員からもらったものお互いの感動の思い出が蘇る川藤も部員たちにお前たちは俺の誇りだと熱い思いを伝えます

野球や人との繋がりを通し大きく成長した安仁屋達はまた未来への一歩を歩き出す

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク