【ネタバレ有】言の葉の庭 のあらすじ【まとめ】

邦画「言の葉の庭」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 靴職人を目指す高校生の孝雄は、雨の日の朝だけ公園のベンチで不思議な女性と時を過ごす。彼女との交流の中で、彼は将来のことや生きるということに向き合っていく。
  • 公開日:
    • 2013年5月31日
  • 監督:
    • 新海誠
  • 声優:
    • 入野自由(秋月孝雄)
    • 雪野百香里(花澤香菜)
    • 平野文(孝雄の母)
    • 前田剛(秋月翔太)
    • 寺崎裕香(寺本梨花) ほか

あらすじ

主人公の秋月孝雄は靴職人になることを目指す高校1年生

彼は雨の日の1限だけ学校をサボり近くの公園のベンチで時間を過ごすという習慣があった

ある雨のいつものように公園のベンチに座り靴のデザインを考えていた彼はチョコレートを食べながらビールを飲む女性に出会う

その微妙な組み合わせと女性の不思議な雰囲気が印象に残った彼は去り際に彼女に告げられた短歌と共に彼女自身のことを気にかけるようになっていく

次第に彼らの中では雨の日の朝その公園のベンチで会い様々なことを話すのがお互いの習慣として根付いていく孝雄は名前も知らない彼女に今まで誰にも話したことのなかった自分の将来の夢や不安などを話すようになる

女性の方も彼と話す時間を心地よく感じお互いに雨が降るのを待ち遠しいと感じるようになる孝雄が女性のためにお弁当を用意したり女性が孝雄に靴の本をプレゼントしたりといった交流も行うようになり孝雄は彼女のために靴を作りたいという明確な目標も持ち始める

しかしある学校に行った孝雄は女性が雪野先生呼ばれ女子生徒に囲まれているところを目撃する孝雄が雨の日に会っていた女性は彼の学校の古典の先生だったのだ

雪野先生は自分の彼氏が彼女のことを好きになったことを逆恨みした3年生女子からいやがらせを受け親にデタラメな噂を流されて理不尽なクレームを受け精神的に疲弊して学校に出勤することができなくなっていた

そんな自分に嫌気がさしなんとか学校に行こうと外出するも結局出勤できず公園のベンチで時間を潰していたところに孝雄と会ったのだった彼はその事情を知り晴れの日に公園にベンチへ向かうそこで雪野先生に会い話をしようとするものの突然大雨に降られ2人ともびしょ濡れになってしまう

しばらく雨宿りした2人は雪野先生の家で食事をして色々なお話をする2人は共に今が人生で一番幸せだと感じるものの孝雄の告白に彼女は答えることができず先生と生徒としての距離を保とうとする

さらに来週田舎にある実家に戻るため引っ越すのだと告げられた孝雄は雨の彼女の家を飛び出す一人になった雪野は改めて孝雄の存在の大きさに気づいて涙し彼の後を追いかける

アパートの階段で彼に追いついた彼女は彼から思いのたけを告げられる自分が本心を晒して夢を語っていた相手が教師であり彼女がそのことを隠して一方的に話を聞いていたことに対する不満自分のことは一切話さないことへの不安

それに対し彼女は学校に行くのが怖くて苦しかった時に彼に会い救われていたのだという本心を打ち上げるその後彼女は学校を辞めて実家へ帰り孝雄はこれまでと同じ毎日を彼女がいない世界の中で続けていた季節が過ぎ雪野から孝雄に文が届く彼の手元には彼女のために作っていた靴の完成品が置いてある

いつか成長したら彼女に会いに行くことを夢見て彼はこれからも生き続けるのだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク