【ネタバレ有】となりのトトロ のあらすじ【まとめ】

邦画「となりのトトロ 」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 1988年に公開されたスタジオジブリ、宮崎駿監督作品。昭和30年代を背景に都会から田舎に引っ越してきた一家とその家の幼い姉妹と謎の生き物の物語。
  • 公開日:
    • 1988年4月16日
  • 監督
    • 宮崎駿 
  • 声優
    • 草壁サツキ日高のり子
    • 草壁メイ坂本千夏
    • 草壁タツオ糸井重里
    • 草壁ヤス子島本須美
    • トトロ高木均
    • ネコバス龍田直樹
    • 大垣勘太雨笠利幸
    • ミチ子神代智恵
    • 勘太のばあちゃん北林谷栄) ほか

あらすじ

昭和30年代を時代背景に都会から田舎に引っ越してきた草壁一家

病弱な母親が入院中で大学教授の父親と幼い姉妹の3人暮らし母親の退院も近くなり田舎のよい空気を吸って少しでも病気がよくなるようにと引っ越してきました小学三年生のサツキと5歳のメイは初めての田舎暮らしにワクワクを隠せませんでした

引っ越した一軒屋で黒い小さな無数の謎の生き物を目にしたサツキとメイ父親に聞くとそれはまっくろくろすけだよ言われそれはススワタリという小さなもじゃもじゃした害のない不思議なモノノケでしたサツキの同級生の勘太はサツキの家をお化け屋敷とからかいますがそれでもサツキとメイは田舎の生活が楽しくてたまりませんでした

サツキが学校に行っており父親は自宅で仕事をしているメイは庭で不思議な2体の生き物を見つけましたその生き物は庭をちょろちょろと動き回りメイが追いかけるたびに逃げていきますその生き物を追いかけているうちにメイは森に入っていきましたそこでメイが目にしたのはとても巨大でフワフワの体の生き物でした

その生き物は最初の二匹と形は似ていて眠っていましたそれはトトロという名前のモノノケでしたメイは父親とサツキに庭でトトロに会ったことを話しました父親もサツキもメイの話を受け止めますその後メイの案内で再度森のなかに入っていきサツキもトトロに会うことができましたある雨のサツキは大学で考古学を教えているお父さんが傘を持って行っていないことに気づきお父さんの帰りを傘を持ってバス停で待っていました

するとなぜかサツキの隣にトトロが立っておりバスを待っていたのですサツキはびっくりしますがトトロはドングリをサツキに渡したネコバス(猫の形をしたバス)乗って去って行ってしまいましたサツキは早速トトロにもらったドングリを庭に植えましたメイと二人で早く芽がでるように祈り見守っていましたがなかなか芽が出ませんでした

そしてある風の強い夜中に突如トトロがやってきてドングリの芽を生やしましたそしてあっという間に大きな気に成長させました次の日の目を覚ました二人が昨夜の出来事は夢だったのかと思って庭を見るとドングリがついに芽を出していました

母親の退院が決まっていたあるその退院が延期となってしまいさみしくなったメイは一人で母親を訪ねることにしましたサツキは学校に行っていて父親も仕事で不在勘太のおばあちゃんにもらったトウモロコシを持って病院へと向かいます

しかし迷子になってしまい道がわからなくなってしまいました下校後メイがいなくなったことに気づいたサツキは近所の住人たちとともにメイを捜します

小さな子供だからそう遠くまでは行っていないと考えながらもメイが事故にあっていないか心配でたまらないサツキサツキは帰宅してきた父親に先に病院に行ってもらいトトロに助けてほしいとお願いしました

すると現れたトトロはどこからともなくネコバスを呼び寄せサツキとともにネコバスに乗り込みます空中からネコバスに乗ってメイを捜しついに泣きながら歩いているメイを発見することができましたトトロはメイもバスに乗せ母親の入院している病院まで送ってくれました

窓から母親の病室を覗くと父親と母親が穏やかな表情で話をしていました

安心したサツキとメイはお土産のトウモロコシを置いて先に家に帰りました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク