【ネタバレ有】ニュームーン/トワイライト・サーガ のあらすじ【まとめ】

洋画「ニュームーン/トワイライト・サーガ」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • トワイライト第二シリーズ作品。フォークスでエドワードと出会い恋に落ちたベラは新たな脅威と立ち向かう。ジョイコブとベラの関係をメインに描いた物語。ジェイコブとエドワードとの関係に挟まれるベラであった。
  • 公開日:
    • 2009年11月28日
  • 監督:
    • クリス・ワイツ
  • 出演者:
    • クリステン・スチュワートベラスワン
    • ロバートパティンソンエドワードカレン
    • テイラーロートナージェイコブブラック
    • ビリーバークチャーリー・スワン
    • ピーターファシネリカーライル・カレン
    • アシュリーグリーン(アリスカレン)

あらすじ

フォークスでの生活に慣れ始めたベラクリスティンスチュワートエドワードロバートパティンソン恋に落ち二人は恋人同士になっていた

エドワードと同じように生きたいと願うベラは自分も吸血鬼になりたいと願うのであったそんなベラの18歳の誕生日を迎える

エドワードの家のカレン家の人々はベラの誕生日を祝うパーティを開催したのであったベラが誕生日プレゼントを開けるとき手を切ってしまう滴る血に抑えきれない欲望に戸惑うカレン家の人々は部屋を退出していく

血への渇望を抑えられるカーライルピーターファシネリベラの手当てをしながらベラの相談に乗るのであった私も吸血鬼にしてほしいとベラは願う

歳を取ることもなく美しいままの姿に憧れまたエドワードとの永遠の命を願うのであったカーライルはベラに真実を伝える吸血鬼の魂は呪われており決して天国にはいけないということだったベラはそれでも吸血鬼になる夢を持つのであった

エドワードがこの出来事を心配し罪悪感に苛まれていた自分と一緒にいたら危険な目に合わせてしまうのだと思いベラの元を去ってしまうのであったベラは孤独となり衰弱していくエドワードなしの生活は彼女にとって色のない魂が抜けたような生活であった毎日のように唸れていたのであったそんな父親のチャーリービリーバークベラを心配し友人に助けを求めるそこでやってきたのがジェイコブテイラー・ロートナーであった

ジェイコブはベラを元気づけようとバイクに乗せてドライブに連れていくのであったベラは少しずつ元気を取り戻し生活を取り戻していく

バイクを走らせている最中ベラはスピードを加速させていくそうするとエドワードの幻影がベラの前に立ちはだかるバイクを止めて事故になる危険なことはしないでぼくのためにバイクを止めてエドワードはベラに言う

ベラは心配するなら迎えてきてほしいと懇願するエドワードは黙り込み消えてしまうベラはエドワードへの想いを伝えようと崖から飛び降りてしまうそれはジェイコブたちがふざけて行う遊びでありベラも崖から飛び降りる爽快感とスリルを同時に求めたのである

しかしベラは嵐の飛び込み荒波に揉まれ沈んでいき溺れるのであったジェイコブが駆けつけ蘇生をするこのことをエドワードは自分の能力を使い遠く離れたイタリアの地で見ていたエドワードは一人になるために旅に出かけ吸血鬼の本拠地であるイタリアに向かっていた自分の命を絶つためである

自分がいる以上ベラを危険に晒したくないと思うのであった自分さえければと思い命を絶とうとするのであった

ベラはアリスアシュリーグリーン能力を使いエドワードを助けに行く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク