【ネタバレ有】トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 のあらすじ【まとめ】

洋画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 最終章となるトワイライトシリーズ前編。エドワードとの再会を果たし改めて愛を誓うベラ。ベラを殺そうと宿敵ビクトリアがベラを狙う。ビクトリアは自分の能力を使い人々を吸血鬼にさせ彼女を追い込むのであった。
  • 公開日:
    • 2012月2月25日
  • 監督:
    • ビル・コンドン
  • 出演者:
    • クリステン・スチュワートベラスワン
    • ロバートパティンソンエドワードカレン
    • ピーターファシネリカーライル・カレン
    • テイラーロートナージェイコブブラック
    • マッケンジー・フォイレネズミ・カレン
    • マイケルシーンアロ) ほか

あらすじ

ベラクリスティンスチュワート無事にエドワードロバートパティンソン結婚を決める

友人や家族を招いた結婚式には幼馴染にジェイコブテイラー・ロートナー悔しさを隠しきれない式に出向くのであったベラとエドワードはハネムーンに出掛ける世界の各国の地を巡る二人は無人島で二人だけの時間を過ごすのであった初めて愛を誓い合い一晩をともにする翌日ベラは自分の体の異変に気づくお腹の部分が急に膨らみ内側から蹴ってきている物体がいるのであった

エドワードはすぐにベラを自宅に連れ戻すのであったベラは深刻さに気づかず吸血鬼との妊娠に心躍らせるのであった

しかしエドワードが人間と吸血鬼の間の子どもが呪いをもたらすことを知っておりすぐに堕ろすようカーライルピーターファシネリ促すのであったベラはカーライルに子どもを自分の命と引き換えても助けてほしいと願う

カーライルは様子を見ることを提案するがお腹の子どもは徐々におおきくなりベラを衰弱させていってしまうのであった吸血鬼と人間の子どもを妊娠したことを知ったジェイコブテイラー・ロートナー自分の部族にそれを報告する

オオカミ族であるジェイコブの部族はかつて人間と吸血鬼の子どもにより部族を壊滅的にさせられ恐怖に怯えるのであった早くその子どもを殺さなければと部族での話し合いが進むのであったベラはジェイコブに子どもを助けてほしいと懇願する

ジェイコブは自身の部族との間に入りベラを守ろうとするのであったまたベラの妊娠を知った吸血鬼の王アロマイケルシーンはその脅威を潰そうと試みるベラは自分の子どもを守ろうと全力を尽くすカーライルの呼びかけで世界中の吸血鬼の仲間たちがベラの決断をサポートする

オオカミ族もまたベラの決断を見守る形を取るのであったベラは無事に出産し同時に死へと向かってしまうエドワードはベラを転生させ吸血鬼とさせるのであったベラは美しい吸血鬼に生まれ変わる新しく生まれた子どもは美しい少女となり成長していく

皆に見守れながらその少女はレネズミマッケンジー・フォイ少女から大人への女性と育っていくのであったそのレネズミとジェイコブはまた愛を誓う運命となるのであった

今回アロは手出しをしなかったものの巨大な力となりレネズミとの接触を計画しているのであった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク