【ネタバレ有】エビデンス -全滅- のあらすじ【まとめ】

洋画「エビデンス -全滅-」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 概要:
    • 映画製作を目指す女性二人がバスに乗ってラスベガスに向かっていました。途中の砂漠の廃屋工場で殺人鬼が現れバスの乗客がバーナーで焼き殺されてしまいます。そして次に狙われるのは・・・。
  • 公開日:
    • 2013年
  • 監督:
    • オラントゥンデ・オスンサンミ
  • 出演者:
    • スティーブン・モイヤー
    • ラダ・ミッチェル
    • トーレイ・デビート
    • ケイトリン・ステイシー
    • ハリー・レニックス
    • スベトラーナ・メトキナほか

あらすじ

砂漠の中の廃屋の工場で焼け焦げたバスと乗客とみられる焼け焦げた死体が見つかりました生き残ったのは2人でした

現場検証する警察が焼けたビデオデープを発見しましたそれを持ち帰りデータを修復する作業を始めました映像を確認すると映画監督を目指すレイチェルが撮影したもので映像には女優を目指すリアンを中心に映されていました

そしてリアンに振られたタイラーも映っていました場面変わってリアンとタイラーはラスベガスに向かうバスに乗っています

バスには他にもダンサーのヴィッキーや家出中のスティーブン大金を持った女性が乗っていましたバスはもう一人乗客がいると言って違うコースに通りましたが途中で事故に会い横転してしまいました

電話を探そうと運転手のベンは近くの廃屋となった工場跡に向かいますその様子を追ってカメラを回すレイチェルの前に血まみれのスティーブンが現れましたそして女性がバーナーで焼かれる映像が映りました

バーナーを持っているのは溶接用の仮面をかぶっていることがわかりましたそのころ警察は大金を持った女性が事件にかかわっているのではないかと探り始めました

この女性の夫は退役軍人でその夫の口座から全額を引き出していたのは妻でしたその夫の退役軍人が犯人ではないかと考え始めました

そして焼き殺された女性が映像では誰か確認ができないため別の映像を見ることにしましたその映像には電話を修理しようとするベンが映されていましたしかしベンは暗闇の中で殺されてしまいました

そして信号弾を見つけたヴィッキーが取りいった映像もあり焼き殺されたのはヴィッキーであると分かりました

警察は退役軍人の元へ向かいましたが彼は自殺していましたそのころネット上にはこの事件の殺害映像がアップされ拡散されていました

次に生き残りのリアンの元に向かいましたリアンに話を聞くもリアンは自分も被害者だと言いましたそうしているうちに警察はタイラーが溶接仮面をかぶっている映像を発見しました

そしてタイラーが犯人だと断定しましたしかしその映像に違和感を感じた人がいましたそして新たに発見されたメモリーカードからタイラーも殺害されていることがわかりましたさらに映像を解析するとレイチェルとリアンが犯人だという事がわかりました

彼女らは自分たちで作戦を練り殺人鬼となり殺人を犯しそれを映像にとって映画を作っていたのです

そして最後の殺人動画がネットに流されました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク