【ネタバレ有】機動警察パトレイバー the Movie のあらすじ【まとめ】

洋画「機動警察パトレイバー the Movie」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 西暦1999年。「レイバー」と呼ばれる作業用機械が普及した時代。急増する「レイバー」を用いた犯罪に対抗すべく、警視庁内に「特殊車両二課(特車二課)」が新設された。これはそんな時代の物語である。
  • 公開日:
    • 1989年7月15日
  • 監督:
    • 押井守
  • 原案:
    • ゆうきまさみ
  • 脚本:
    • 伊藤和典 ほか
  • 声の出演:
    • 篠原遊馬-古川登志夫
    • 泉野明-冨永みーな
    • 後藤喜一-大林隆介
    • 南雲しのぶ-榊原良子
    • 香貫花クランシー-井上瑤
    • 太田功-池水通洋
    • 進士幹泰-二又一成
    • 山崎ひろみ-郷里大輔
    • シバシゲオ-千葉繁
    • 榊清太郎-阪脩 ほか

あらすじ

 近未来西暦1999年

レイバー呼ばれる作業用機械が普及した時代急増するレイバー用いた犯罪に対抗すべく警視庁内に特殊車両二課(特車二課)」新設された

レイバー対抗するために用意されたパトロール・レイバーパトレイバーそれを製造したのは篠原重工と呼ばれる巨大企業だった 

ある篠原重工の天才プログラマーである帆場暎一が1995年に発生した東京南沖大地震の瓦礫処分と埋め立てによる土地拡大を狙った国家プロジェクトバビロンプロジェクト要である海上用プラットフォーム方舟から投身自殺を図った時を同じくしてレイバーが暴走する事件が多発 

特車二課二小隊が事件の対応に追われる隊の篠原遊馬巡査は事件の特異性に気付いて独自に調査を開始結果暴走の原因がレイバーに搭載されている最新式のOSHOSであると判明隊長である後藤喜一警部補の依頼を受けた本庁の松井刑事が帆場と事件の関連性を調査彼の過去と事件を引き起こした理由を推測する 

帆場は自身を旧約聖書に登場する唯一神エホバなぞらえていたエホバとはヤハウェ誤謬しかし帆場はそれを喜びバビロンプロジェクトに用いられるレイバーを修理補修と格納を行う方舟自らの計画の要としていた二小隊の遊馬達の調査によりHOSが暴走した原因は建物に強風がぶつかることにより発生する低周波であると判明

謎はすべて解けたしかし東京に大型台風が接近していると分かりこのままでは大音量の低周波が方舟から発生し方舟内と東京中のレイバーが一斉に暴走を始めてしまうそれはまさに混沌形容できる事態である警視庁上層部や政府がHOSを認可した責任逃れのためHOSのバージョンアップと称しそれを旧OSへと書き換えようとする

しかし後藤隊長はかつて自衛隊が決起して東京を占拠しようとした際のことを持ち出しそれを非難する 二小隊は急遽助っ人としてアメリカよりかつての仲間香貫花クランシーを呼び寄せた迫り来る大型台風

二小隊はレイバーの大規模暴走を防ぐべく方舟解体を行なうため嵐の東京湾へと緊急発進する

そこで彼らを待ち受けていたのは帆場がHOSに仕掛けた狂気を象徴するかのような事態と最新式のレイバー零式の暴走だった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク