【ネタバレ有】インファナル・アフェア のあらすじ【まとめ】

洋画(香港)「インファナル・アフェア」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 潜入捜査官としてマフィアの世界に潜入し、孤独な潜入捜査を続ける警察官ヤンと、スパイとして警察内部に潜入し、孤独なスパイとして活動を続けるマフィア構成員のラウの複雑怪奇に絡み合う数奇なサスペンス物語
  • 公開日:
    • 2002年
  • 監督:
    • アンドリュー・ラウ、アラン・マック
  • 俳優:
    • トニー・レオン(ヤン)
    • アンディ・ラウ(ラウ)
    • アンソニー・ウォン(ウォン)
    • エリック・ツァン(サム) ほか

あらすじ

潜入捜査官としてマフィア世界に潜り込み孤独な潜入捜査を続ける警察官ヤントニーレオンスパイとして警察組織の内部に潜り込み孤独なスパイとして活動を続けるマフィア構成員のラウアンディラウこの2人の男が数奇な運命により時期に活動することでこの物語は複雑怪奇に絡み合いながら衝撃のラストに向かって進んで行きます

物語は香港のマフィアを追い詰めようとする警察とその追求から逃れるマフィアを描いておりこの2人のスパイの存在によってお互いの戦略や情報が漏れ互いに決定打を打つことが出来ずにイタチごっこが続いていました

しかしそんな状況が続いたことから警視でヤンの上司のウォンアンソニーウォンマフィアのボスでラウのボスでもあるサムエリックツァンお互いの組織の中にスパイがいるのではないかと勘付きスパイをあぶり出しにかかります

このあぶり出しの中でスパイの2人はもちろんのこと警察とマフィアそれぞれが追いつめられて行きまずその流れの中でヤンの上司であるウォン警視がマフィアに殺されてしまいますこれはヤンにとっては大きな事件でした

なぜならヤンがマフィアに潜入している捜査官であるということはその上司であるウォンしか知らなかったからですそんな絶望の最中殺されたウォン警視の携帯を使ってラウがヤンに接触してきます

この時点でラウはマフィアに潜入しているスパイであるヤンを見つけたことになるのでヤンを消して任務終了のはずですがなんとラウはヤンとタッグを組んでマフィアを壊滅させるという動きに出ます

ラウは長年の警察官としての日々や婚約者との生活を通じてその意識に変化が起こり組織から抜けて自由の身になり善人として生きることを願うようになっていたのです

このラウの裏切りによりマフィアのボスサムは追いつめられ最後はラウの手によって殺されます

これによってヤンは警察官として復帰できラウも今後は警察官として自由に生きて行けるこれにて一件落着なるはずでしたがある小さな運命の悪戯によりラウがマフィアのスパイであることがヤンにバレてしまいます

この事実を知ったヤンはすぐにラウの元から姿を消します

そしてラウはヤンに正体がバレたと悟りラウの警察官である証拠のデータを警察のデータベースから完全に削除しヤンもまたラウの婚約者にラウがマフィアの人間であることをバラします

そうしたやり取りの果てにヤンは自身の身分の復活を求めてラウと直接対峙しラウを追い詰めるのですがここでなんとラウも存在を知らされていなかったもう1人のマフィアのスパイが現れヤンはその男に不意を突かれて殺されてしまいます

ラウはこのもう1人のスパイによって九死に一生を得ましたが自分がマフィアのスパイである事実を知っている人間が存在していることを危惧しなんとこのスパイをその場で殺してしまいます

ラウは善人として生きることを心から望みその為の行動を行ってきましたが結局はそれを手に入れるために次々と悪に手を染めてしまいました

最終的に生き残ったラウ今後このラウがどのように生きて行くのかこの地獄のような負の連鎖はいつまで続いていくのか次回作への期待が高まる上に非常に考えさせられる映画です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク