【ネタバレ有】戦国自衛隊 のあらすじ【まとめ】

邦画「戦国自衛隊」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 半村良の同名小説を角川春樹プロデュースで映画化した歴史SFです。戦国時代にタイムスリップしてしまった21人の自衛隊員が、戦車やヘリコプターなど近代兵器を用いて戦国武将と戦います。
  • 公開日:
    • 1979年12月15日
  • 監督:
    • 斎藤光正
  • アクション監督:
    • 千葉真一
  • 出演:
    • 千葉真一(伊庭義明)
    • 夏八木勲(長尾景虎)
    • 渡瀬恒彦(矢野)
    • 錦野旦(菊池)
    • 鈴木ヒロミツ(西沢)
    • かまやつひろし(根本)
    • 真田広之(武田勝頼)ほか

あらすじ

伊庭義明陸尉千葉真一率いる21名の自衛隊の小隊は演習に参加する途中突然時空の歪みに巻き込まれ戦国時代にタイムスリップしてしまいます

隊員の他にも戦車やヘリコプター装甲車ジープ武器弾薬燃料食料などもごっそりタイムスリップしていました隊員たちは何が起きたのか理解できていませんでしたがそこに戦国武将の長尾景虎夏八木勲家来を率いて現れます

景虎は見たことのない兵器を一目見て惚れこみ伊庭たちを同族と認めて手を組もうと接近します伊庭も敵対勢力に襲撃された景虎を助けて交戦やがて伊庭と景虎の間に友情が芽生えていきます

一方の隊員たちは一致団結して困難を乗り越えるどころかそれぞれ自分勝手な行動に走っていました元々演習を抜け出して婚約者岡田奈々駆け落ちするつもりだった菊地錦野旦逃走を図り付いていった西沢鈴木ヒロミツ盗賊に襲われ犠牲になります

かつて計画したクーデターを伊庭に阻止されそのことを未だに引きずっている矢野渡瀬恒彦暴走し部下たちを引き連れて哨戒艇を奪い村を襲っては破壊と略奪強姦や殺戮を繰り広げ伊庭は矢野ら裏切者を攻めて全滅させます

伊庭の部下の中には歴史の改変につながるとして元の現代に戻るべきだと主張する者がいましたが伊庭は天下さえ獲れば元の時代に戻れるなどと全く根拠のない発言をして部下を無理やり果てしない戦いに巻き込んでいきました

天下統一を目指すようになった伊庭は景虎を浅井朝倉連合軍討伐に向かわせ自らは少数精鋭軍団を率いて川中島で武田信玄田中浩軍と一戦を交えます

伊庭の部隊は戦車ヘリコプター装甲車など持てる近代兵器の全てを駆使して武田軍を苦しめますが武田軍も負けじと様々な戦法を駆使し武田勝頼真田広之ヘリコプターに乗り込んで操縦士を倒し墜落させると戦車や装甲車も次々と武田軍の奇襲に沈められていきます

しかし伊庭は壊れた車や銃を捨て馬を奪って弓矢を手に取り信玄の本陣に突入遂に信玄を壮絶な一騎討ちの末に討ち取ります

しかし伊庭部隊の損失はかなり甚大で部下と近代兵器の全てを失い武器はほんの少しの拳銃や小銃しか残っていませんでした

伊庭はそれでもなお天下獲りに執念を燃やしていましたが室町幕府将軍の足利義昭鈴木瑞穂本願寺光佐成田三樹夫九条義隆仲谷昇らは伊庭を天下人として認めず伊庭と手を組むなら朝敵とみなすと景虎を脅します

一方近代兵器を全て失いもはや僅かな戦力しか残されていなかった伊庭の部隊は荒れ寺で休息を取ります将軍らに押された景虎は意を決して荒れ寺を包囲景虎は手にした銃で伊庭を射殺します

他の部下も全員殺害されます景虎は涙をこらえながら荒れ寺に火を放ち伊庭たちを丁重に葬ります

伊庭の部隊21名で唯一最後まで生き残ったのは百姓としてこの時代で生きていくと決意した根本かまやつひろしただ一人だけでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク