【ネタバレ有】ぼくのおじさん のあらすじ【まとめ】

邦画「ぼくのおじさん」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • 北杜夫の小説を映画化したもので、兄夫婦の家に居候する変わり者の「おじさん」の恋の顛末を、甥っ子の視点がら描いたほのぼのとしたコメディです。
  • 公開日:
    • 2016年11月3日
  • 監督:
    • 山下敦弘
  • 出演:
    • 松田龍平(おじさん)
    • 大西利空(春山雪男)
    • 真木よう子(稲葉エリー)
    • 戸次重幸(青木伸介)
    • 寺島しのぶ(春山節子)
    • 宮藤官九郎(春山定男)
    • 戸田恵梨香(みのり先生)ほか

あらすじ

公務員の春山定男宮藤官九郎妻の節子寺島しのぶ夫婦の家に定男のおじさん松田龍平居候しています

非常にユルくマイペースな変わり者のおじさんは週1回だけ大学の非常勤講師の仕事をしておりほとんどは家で寝転がって漫画を読んで馬鹿笑いして怠けてばかりの日々を送っており節子はおじさんを快く思っていませんでした

その他にも定男の子で小学生の雪男大西利空漫画を買ってこいと命じて自分は一円も出さなかったり定男一家へのお土産として精巧に作られたおもちゃのムカデを買ってきて節子を驚かせたり雪男を連れて神田の古本街へ繰り出したりとやることなすことが無茶苦茶な日々を過ごしていました

そんなある雪男はクラス担任のみのり先生戸田恵梨香から作文コンクールに出すテーマとして自分のまわりにいる大人について提示され両親はごく平凡なので特に書くこともないなと思っていたぼくのおじさんというタイトルで作文を書くことにします

一方おじさんの行く末を案じた節子の智子キムラ緑子節子はおじさんに早く結婚してもらおうとお見合いを画策します

あまり乗り気でないおじさんは雪男を連れて待ち合わせ場所に向かい途中で人気和菓子屋寛政堂お土産を買います店では御曹司の青木伸介戸次重幸自ら店先に出て商品をアピールしています

お見合いの相手はハワイ出身の日系4世稲葉エリー真木よう子という美女でしたおじさんはあっという間に一目惚れします

エリーはハワイの実家のコーヒー園を継ぐことになっていましたそこでおじさんは何としてもハワイに行こうと大学の教え子を騙して空き缶収集を手伝わせたり色んな懸賞に応募しましたが全て落選してしまいます

落胆するおじさんでしたがそこに雪男の作文が全国コンクールで入賞し副賞としてハワイへのペアチケットがプレゼントされたという知らせがおじさんは早速雪男と共にハワイに向かいますエリーの部屋に入った雪男はおじさんがいない間にエリーの机の上に寛政堂青木の写真が置かれてあるのをこっそり発見してしまいます

翌日おじさんと雪男エリーは偶然にもエリーを追ってハワイにやってきた青木に遭遇しますエリーは元交際相手の青木を拒絶し今はおじさんの事が好きだと告げます

おじさんは何としてもエリーに気に入られようと雪男と共にエリーの実家のコーヒー農園で手伝いをしますが体力のないおじさんはすぐへたれこんでしまいます

そこに再び青木が現れおじさんと青木はエリーを巡って口論になります青木は店を弟に譲ってまでエリーに復縁を迫ろうとしているのです

おじさんと青木はエリーの前でどちらがエリーにふさわしい男であるか勝負しようと決めますその雪男はおじさんにエリーの部屋で見たものの話をします

翌日おじさんと青木はエリーを巡って対決しますそこにエリーが駆け付けて青木を非難しますそれでも青木は必死で過去の過ちを謝罪してエリーに復縁を迫りますおじさんは意を決してエリーに青木の本当に気持ちを伝えます

エリーは青木と復縁しおじさんは傷心のまま雪男と共に帰国の途につきます

帰国後雪男はみのり先生から作文の続きが読みたいと言われるのでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク