【ネタバレ有】男はつらいよ 柴又慕情 のあらすじ【まとめ】

邦画「男はつらいよ 柴又慕情」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • シリーズ第9作です。旅先の北陸で3人組の女性と知り合った寅さん(渥美清)は、その中の一人である歌子(吉永小百合)に心を惹かれていきます。
  • 公開日:
    • 1972年8月5日
  • 監督:
    • 山田洋次
  • 出演:
    • 渥美清(車寅次郎)
    • 倍賞千恵子(諏訪さくら)
    • 前田吟(諏訪博)
    • 松村達雄(おいちゃん)
    • 三崎千恵子(おばちゃん)
    • 太宰久雄(タコ社長)
    • 吉永小百合(歌子)ほか

あらすじ

寅さんこと車寅次郎渥美清旅先で昼寝をしていました夢の中では寅さんが貧しい漁村で借金返済に苦しむ妹のさくら倍賞千恵子義弟の前田吟らに大金を渡して助けるという夢でした

その柴又の寅さんの実家の団子屋とらやではさくらとおいちゃん松村達雄おばちゃん三崎千恵子らがさくら夫婦のマイホーム購入資金を稼ぐためとらや2階を間貸しにしようと計画していましたがたまたま旅先から帰ってきた寅さんに計画を知られてしまい怒った寅さんは俺は歓迎されざる男だよ愚痴をこぼし不動産屋で部屋を探そうとしますが見つかりません

とらやおいちゃんや博らと口論になった寅さんは勢いのまま北陸に旅立ってしまいます金沢に着いた寅さんは歌子吉永小百合みどり高橋基子マリ泉洋子3人の女性観光客と偶然にも出会い記念写真を撮ることになりました寅さんは3人に打ち解けようとはいチーズはいバター言いかえて3人を笑わせすっかり明るい雰囲気に

寅さんと3人娘は東尋坊など北陸観光を楽しみ旅の終わりに寅さんは小さな駅で3人を見送ります寅さんは歌子から旅の記念として木製の鈴をもらいます寅さんはいつしか歌子に想いを寄せ始めていましたやがて歌子は小説家の高見宮口精二待つ家に帰ってきます歌子は母と離婚して独り身の父の面倒を見ていました

柴又に戻った寅さんはとらやみどりやマリと再会し喜びますがそこには歌子はいません寅さんは2人に歌子のことを訪ねます数日後歌子はとらややってきます寅さんはまさかの対面にひどく緊張します歌子はさくら夫婦やおいちゃん夫婦らから温かい歓迎を受け仕事に忙しい父との二人暮らしで忘れかけていた家庭の風景を思い出していました

歌子には結婚を考えている彼氏がいました歌子は父に彼氏との結婚話を相談しますが父は相変わらず素っ気ない態度でした事情を知らない寅さんは歌子と会う約束をこぎつけますが何日待っても彼女は現れません

数日後ようやく歌子が現れ寅さんやとらや人たちに結婚をやめようか迷っていると相談を持ち掛けますさくらと博は自分たちが結婚した時の話を交えながら歌子を励まします歌子は彼氏と結婚する決意を固め彼氏の住む津和野に移り住むことになります

それを聞いた寅さんは深く落ち込みますが最後は歌子の幸せを願って快く送り出しますその後とらや歌子から新婚生活の様子が書かれた手紙が届きます

その寅さんはいつものように全国各地を旅していました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク