【ネタバレ有】男はつらいよ 寅次郎頑張れ! のあらすじ【まとめ】

邦画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • シリーズ第20作目です。寅さんこと車寅次郎は、「とらや」に下宿する若い電気工と食堂の娘との恋のキューピット役をすることになります。そして寅さんは、長崎県平戸市に住む電気工の姉に恋をするのですが…。
  • 公開日:
    • 1977年12月29日
  • 監督:
    • 山田洋次
  • 出演:
    • 渥美清(車寅次郎)
    • 倍賞千恵子(諏訪さくら)
    • 中村雅俊(島田良介)
    • 大竹しのぶ(福村幸子)
    • 藤村志保(島田藤子)ほか

あらすじ

寅さんこと車寅次郎渥美清実家とらや2階には若き電気工の島田良介中村雅俊下宿しにやってきます

おいちゃん下條正巳頼まれた良介は防犯協会からもらった押し売りお断りワッペンをとらや入り口に貼ります

そこの旅先から帰ってきた寅さんを良介は押し売りと勘違いし大喧嘩となりますがしばらくしてパチンコ屋で二人は再び再会しすっかり打ち解けます良介は行きつけの食堂で働く幸子大竹しのぶ想いを寄せていましたがなかなか幸子に想いを伝えられず苦悩していました

寅さんは良介に助け船を出しようやく良介と幸子は初デートにこぎつけますがいざ当日になってみるとやはり良介の態度はぎこちないものでした良介はショックのあまり寝込んでしまいますそんな秋田にいる幸子の母が急病で入院し幸子は急遽秋田に帰ることにしますがそこに突然良介が現れ唐突に幸子に結婚を申し込みます

気が動転した幸子は店の奥に引っ込んでしまい今度こそ振られたと思い込んだ良介は自殺未遂事件を起こしますが失敗に終わりとらや2階を爆発してしまいます

良介は故郷の長崎平戸に逃げ帰ります良介が心配になった寅さんは平戸に行き良介と再会します良介は姉の藤子藤村志保二人暮らしでした寅さんは藤子と対面するなり一気に一目惚れします一方修理中のとらや幸子が訪れます

良介が平戸にいることを知ると幸子は初めてさくらたちに良介への想いを打ち明けます平戸では寅さんは何とか藤子に気に入られようと必死になっていました

良介は寅さんのさくら倍賞千恵子からの電話で自分が失恋していなかったことを知ると藤子と共に東京に向かいます寅さんは家の留守を頼まれます柴又に戻った良介はようやく幸子と和解します数日後寅さんが突然柴又に戻って来ましたそのとらやでは良介と幸子を祝福して宴会が催されます

その良介は藤子に寅さんと結婚する気があるのか尋ねます良介の唐突な発言に藤子は戸惑いを隠せません寅さんは二人の発言を盗み聞きしていました良介は俺が寅さんなら絶対に姉さんを許さない利用されるだけだ言うと藤子は寅さんはお前が思うよりも心の綺麗な人だ反論します

さくらは悩む藤子に仮に兄が藤子を好きでも今の気持ちを知ったらそれで満足すると思うそれが兄だと寅さんの今までの恋愛遍歴を踏まえた発言をして慰めます寅さんは次のひっそりと旅に出ていきましたやがて正月になり良介は幸子と共に平戸に帰省します

その寅さんは相変わらずの旅を続けていました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク