【ネタバレ有】殺しのドレス のあらすじ【まとめ】

洋画「殺しのドレス」のあらすじメモ。

映画の概要

  • 映画の概要:
    • エレベーターで起きた殺人事件を偶然目撃した女性が殺害された女性の息子と共に犯人を追うサスペンス映画。
  • 公開日:
    • 1981年4月4日
  • 監督
    • ブライアンデ・パルマ
  • 出演者
    • マイケルケインロバートエリオット
    • アンジー・ディキンソンケイトミラー
    • ナンシーアレンリズ・ブレーク
    • キースゴードンピーターミラー
    • デニスフランツマリー刑事) ほか

あらすじ

中年女性のケイトがシャワーを浴びています

その横では夫が髭をそっています二人は夫婦でピーターという息子がいました

ケイトは性的欲求が人一倍強く精神科医にかかっていましたその日もエリオット医師と話をその帰りに美術館に立ち寄りました

館内で一人の男が見つめていますケイトも目線を合わせ合図します二人はタクシーに乗り込みました我慢できない二人はタクシーの中で行為を始めましたルームミラーで運転手が見ています

そして男のアパートに付くと燃え上がりましたケイトが男の部屋から帰るとき男が性病を持っているというカードを見つけました

あわてたケイトは急いで部屋を出ますそしてエレベーターに乗り込むとブロンドのサングラスの女が乗っていましたエレベーターが閉まり動き出すと突然女がケイトにカミソリで襲い掛かりました手のひらで防御しましたが手のひらはざっくり切れました

執拗にケイトを襲う女ですがエレベーターが止まりドアが開きましたそこにはコールガールのリズが立っていましたリズは殺人の様子と犯人を目撃しました警察の事情聴取を受けたリズですが今度はリズが犯人に追われます

そして逃げ込んだ地下鉄で襲われましたしかしリズはケイトの息子ピーターに助けられました

ピーターは警察の取り調べを盗聴していたため精神科医の患者の中に犯人がいると考えていましたそして精神科医から出てくるブロンドのサングラスの女を見つけ後をつけていたのでした

この一件をきっかけにリズとピーターは二人で犯人を見つけることになりましたリズは精神科医のエリオットのところに行きますそこでわざとエリオットを誘惑したりしますエリオットが席を外しました

その資料を探していたリズはエリオットが女装癖を持ち女装するとロビーという女の性格に変わるという多重人格者だとわかりました

そしてブロンドのサングラスの女が現れましたリズを襲いますしその張り込んでいた女刑事によって射殺されます倒れたサングラスの女はかつらが取れました

犯人は女装したエリオットでしたエリオットは精神科医ながら自分に精神異常があり性的に興奮すると女装して相手を殺す異常者でした射殺した女刑事はエリオットの異常さを見抜いていたのですリズが自宅でシャワーを浴びています

そのカーテンの向こうからエリオットが襲ってきました血が飛び散りますエリオットは生きていたのかと思いますそのリズは目覚めました

エリオットの異常さが頭から離れないリズの夢でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク