【ネタバレ有】さくらんのあらすじ【まとめ】

2007年公開の邦画さくらん」のあらすじメモ。

女性たちから人気を集める漫画家安野モヨコ氏のコミックを世界的フォトグラマーの蜷川実花が映画化幼い頃に吉原遊郭の玉菊屋に売られてきて以来廓の中の鳥として生きることを強いられたきよ葉

子どもの頃から態度が悪く負けん気の強さがある可愛げのない子だったが女になっていくにつれて天性の男を虜にする才能を開花させていく

そして吉原の中で頂点の花魁にまで駆け上がっていく中で偽りではない本当の愛と自由を求めていく独特のゴージャスで現代的なビビットの色使いを和風に仕上げた遊郭の内装や派手の中にも婀娜やかさのある着物舞うように泳ぐ金魚など演出がやはり細部まで見所

主役のきよ葉のちに日暮となる主役は土屋アンナ

脇を固めるキャストも豪華で芸能界を電撃引退してしまった成宮寛貴などのその他ほんの少しだけ小栗旬まで出演しているという今作

禿になったばかりのきよ葉に手練手管や廓で生きていくことの辛さを教え可愛がる姉女郎の菅野美穂演じる粧ひの色っぽさもまた魅力舞台が吉原というだけあって濡れ場が多々あるが個人的には菅野美穂が一番惹きつけられる

零れる吐息や揺れる背中が何とも色っぽいそして本編で時折流れる音楽は椎名林檎

音楽監督を務めている彼女の持つ独特の世界観のある歌が映画を一層引き立てこの映画を観て私は椎名林檎のファンになりました

この映画の影響で遊女遊郭について興味を持ちそれについての本を読んでみて知ったのは遊女と廓の中で働く男との関係は御法度

もし関係を持っていると周囲に知られた場合手酷い折檻かもしくは死罪という罰が待っているらしい

勿論遊女が足抜け所謂遊郭から脱走した場合も酷い罰が待っている

それを知った上でもう一度ラストを観てみると何とも切ないまだ子どもだったきよ葉との約束をしっかりと覚えていた男衆の清次の純粋な

どれだけ高価な着物より自由よりずっときよ葉が欲しがっていたものはそばにあった

互いにどこか分かっていた筈なのに御法度だからとすれ違いのやはりそこでも流れる椎名林檎の夢のあと切なくもこの二人にとって今はただ幸せなのだという雰囲気を出しているそれが刹那にならないことを願わずにはいられないラストシーン

一見派手で美しく煌びやかに見える遊郭というのは廓の中の鳥と喩えられるように切ないものだからこそ惹き付けられてしまうのかもしれないと思わせられる一本です 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク