【ネタバレ有】チーム・バチスタFINALケロベロスの肖像のあらすじ【まとめ】

2014年公開邦画チームバチスタFINALケロベロスの肖像」のあらすじメモ。

2008年から続くチームバチスタシリーズ最後のこの作品はドラマシーズン4チームバチスタ螺鈿迷宮から映画へと続いている

東城医大自治体とが三位一体となり取り組む死因究明の大改革国際センター設立シンポジウムを十日後に控える白鳥圭輔仲村トオル唯一の味方であり上司を含めた医療関係者9人が別荘の地下室で死亡するという不審死が起こる

そして田口公平伊藤淳史元にも三の東城医大とケロベロスの塔を破壊するという内容の脅迫文が届き二つの事件の真相解明に挑むお馴染み凸凹コンビ

9人の不審死脅迫状隠蔽シリーズ最後の難解ミステリーをこの二人が解いていく

今作の原作者は四回このミステリーがすごい大賞受賞作チームバチスタの栄光以来数々の医療を題材とした作品を書かれている現役医師の海堂尊氏

現役の医師だからこそのリアリティーある医療ミステリーが魅力のチームバチスタシリーズ今作ではシーズン2で出演した人気の高い孤高の救命医ジェネラルルージュこと速水晃一西島秀俊率いる救命チームも揃っていたりとファンとしては嬉しいところ

全シリーズはシーズン4まで制作されスペシャルドラマも二本と大変人気の医療ドラマ

人を傷つけ本音を引き出すアクティブフェーズを操るゴキブリ厚労省白鳥さんと人の心を癒し受動的に話を引き出すパッシブフェーズを操る田口先生のコンビは六年続いてきただけあって今作でも二人の息ぴったりなやり取りが見所

そしてシーズン4にて白鳥さんに家族を奪われた桜宮すみれの復讐により暴かれる過去

普段は嫌われ者の役人な彼も本当は医師になりたかったというだけあり暴れた過去の失態には涙し謝罪を見せる

ラストシーンではやはり六年という長い歳月を共に相棒として過ごして来ただけに絆の深まりがどれだけ強くなっているのかが見られる

この映画を見る前に是非白鳥さんとグッチーが次第とどんなふうに相棒としての仲が深まっているのか過程をシーズン1から見直してから視聴してほしい

すると一層好きになってしまうこと間違いなしでしょう

原作の田口白鳥シリーズではこの映画公開後また真の最終章なる小説も出版されておりまだまだこれでファイナルと呼ぶには早いのではとファンとしては思ってしまう是非また続編が出ることも期待しています 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク